2011年08月25日

ダイエットに効果があるのはランチを抑え、小分けにして食べること

お昼時になると、お腹が減ってランチを多く食べる人もいるかもしれませんが、そこを抑えて、高タンパク、食物繊維を重視し、小分けで食べることで空腹感も抑え、ダイエットにも貢献できる、「痩せない」という人には朗報の実験結果ですね。

(GIGAZINEから引用)
体重を減らすためには好きな食べ物をカロリーを理由に我慢して空腹に耐えたり、意識して運動する必要がある……というイメージが強いですが、もっと手軽な方法として、昼食を軽いものにすることで摂取カロリーを減らしていき、結果としてやせることができるというデータが発表されました。

David Levitsky教授率いる研究チームは、5週間にわたって協力してくれる被験者を有償で募り、彼らに月曜から金曜までの食事内容を記録してもらうという実験を行いました。

第1週目は、被験者たちはバイキング形式の食堂で、彼らが食べたいように自由に食事をとってもよいとされました。第2週目に入ると、被験者グループの半分は他の人が食べているバイキング形式のランチではなく、キャンベルスープのような、小分けにされた市販の食品を昼食にとるように指示されました。しかし、その他の食事やおやつは自由に食べてよいとされました。最後の2週間は、2週目にランチを制限されたのとは別の人々が、同じく昼食の内容について同様の制限を受けました。

被験者たちから提供されたデータ分析の結果、ランチの際に小分けにされた食事を10日以上続けてとった被験者17人について、1日あたりの摂取カロリーが通常時と比較しておよそ250キロカロリーほど低下していて、体重も平均1.1ポンド(約0.499kg)減少していることが確認されました。この研究結果は、10月のthe journal Appetite誌上に掲載されるということです。

Levitsky教授は、「この結果から、人間の体は摂取カロリーに厳密ではなく、多少カロリーの摂取を減らしたところで空腹や食欲の増強につながることはないということが分かりました。(昼食だけ制限する生活を)1年以上続ければ、少なくとも25ポンド(約11.3kg)体重を落とすことができるでしょう。」と語っています。また、研究の共同執筆者で教授の教え子のCarly Pacanowskiさんは、「週に何度か昼食を制限するだけで、簡単に合計摂取カロリーを減らしていくことができると考えられます」とつけたしています。

さらに研究結果は、高タンパクかつ高食物繊維の食品を食べることで、カロリー摂取自体は減っても、つらい空腹感に耐えることなく過ごすことができることも示していたとのことです。

ここで明かされている内容だけだと、ランチ以外の食事を制限した場合の結果が分からないため、ランチが生活スタイル上どうしても減らせない人が、他の食事で制限を行っても同じ結果となるのかという点も気になります。今後のさらなる研究が待たれるところです。
posted by カミガタ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

デスクワークに役立つ「正しい座り方」。腰痛・肩こり・猫背防止

一日の大半は座っての作業になるデスクワークで姿勢を重視する事により、健康だけでなく、能率アップにも貢献できるはず。
早速実践してみたい記事ですね。
(マイコミジャーナルより)

デスクワークが長い人に多い腰痛や肩こり。実は間違った座り方も原因かも。実はよく知らない「正しい座り方」。体のことを知りつくした「BODY TIPS」の亀田圭一トレーナーに、一番体に負担がかからない座り方を教えてもらった。
正しい座り方のポイントは次の通り。

■骨盤はやや前傾
骨盤がやや前に傾く(骨盤前傾)のが正しい座り方。脚の付け根部分に指を入れ、「ちょっとかむ感じ」がベスト。骨盤が後ろに傾く(骨盤後傾)と腰椎から頸椎までが「C」を描くように丸く曲がってしまい、腰や背中に余計な力がかかる。腰痛や肩こりの原因になるので注意しよう。

■坐骨の当たる部分を意識する
座ったときに左右の坐骨の頂点からやや前側までが、座面に当たっている感じがするか確かめてみよう。座面が硬い丸椅子でチェックすると分かりやすい。骨盤後傾になっていると、坐骨の頂点ではなくその後ろの丸い部分が座面に接している状態になる。

■足は真下に
足はまっすぐ下におろす。両足がしっかり地面を押さえていることで、体の重みを支えるサポート力が増し、腰への負担が軽減される。足を前に投げ出したり、後ろに置いたりすると、すべての重みが腰に。腰痛の原因になるのだ。

■座面は膝より少し高め
座面の高さも重要。座面は膝より少し高めにし、お尻が膝より上にくるようにする。座面が低いと猫背になりやすく、肩コリの原因にもなる。

正しい座り方のイメージはつかめただろうか。「間違った座り方は疲れやすいだけでなく、腰痛や肩こり、猫背の原因にもなります。座っている時間が長い人は特に『正しい姿勢』を意識してほしいですね」。



posted by カミガタ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

敵機見つける防空監視哨、今もビル屋上に 北九州中心街

終戦記念日にふさわしいネタを。
まだまだいろんな所に、戦時中の跡が残っているんですね。
探せばまだまだ見つかるかも知れません。
ワシントンビルは、小倉駅から徒歩3分です。


(朝日新聞より)
商業ビルが立ち並ぶ北九州市の中心街のビルの屋上に、戦争遺構が残っていることがわかった。戦時中、敵機を発見するため高い場所に設置された「防空監視哨(しょう)」の跡だ。戦後66年の今も当時の面影をとどめ、街を見下ろしている。

 北九州市小倉北区魚町3丁目にある7階建てのテナント「ワシントンビル」。いまは薬屋などが入るこのビルの屋上にコンクリート造りの建物がある。一辺2メートルほどの立方体。側面には縦30センチ、横90センチほどののぞき穴があり、小倉城や駅周辺の商店街が一望できる。

 九州産業考古学会の砂場一明事務局長らによると、この建物が防空監視哨。戦時中、空襲に飛来する米軍機をいち早く発見するため、監視要員がのぞき穴から目をこらしていたという。
posted by カミガタ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100歳超の人は納豆・オクラなどネバネバを食べていた

NEWS ポストセブンより

白澤卓二氏は1958年生まれ。順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授。アンチエイジングの第一人者として著書やテレビ出演も多い白澤氏によると、100歳を超える長寿の人々の朝食には明らかな傾向があるのだという。

* * *
私は以前、『長生きの秘密はインスリンをあげない朝食にあった』という本を書いた。インスリンといえば、ほとんどの人が糖尿病を想像するだろう。実は最近の百寿研究で100歳以上に糖尿病とパーキンソン病が極めて少ないことが分かったのである。

実際、糖尿病を発症すると平均寿命が男性で9・6年、女性で13年短縮、100歳まで生きられる確率は極めて低い。糖尿病は血糖(血液中のブドウ糖の濃度)の値が慢性的に高い状態をいう。インスリンというホルモンが血糖値をコントロールする役目を担っているが、インスリンの効きが悪い人は血糖を下げるためにたくさんのインスリンを必要とするため、空腹時のインスリンの濃度が高くなる。逆にインスリンの効きが良い人は少量のインスリンで血糖をコントロールできるので、空腹時のインスリン濃度は低い

今年100歳を迎える聖路加国際病院の日野原先生や、100歳で元気にスキーを楽しんでいた三浦敬三さんの血中のインスリン濃度を調べたことがあった。元気な百寿者は、インスリンの血中濃度が驚くほど低く、インスリンの効きが良いことが分かった。

更に、元気な百寿者の朝食を調査すると、納豆やオクラなどのネバネバ成分や玄米、食物繊維の多い野菜などインスリンの効きを良くする食材を豊富に摂取していた。同じ炭水化物でも血糖が上がりにくい食材を低GI(グリセミック・インデックス)と呼んでいる。百寿者の食卓には低GI食材がたくさんあった。
posted by カミガタ at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。