2015年11月26日

「Raspberry Pi」新製品は何と5ドル。超小型コンピューター

IOTが最近話題になっています。それを引っ張るハードがミニコンピュータ「Raspberry Pi」。
今まで2500円余でしたが、今度出る「Raspberry Pi A+」は何と5ドル!
素晴らしいの一言です。

開発元のコメントも
「途上国ではコンピュータは多くの人々にとってぜいたく品」
「Raspberry Pi A+は現在、日本では2620円だが、それでも手が届かない多くの人々がいるとして低価格化に取り組んだ」
泣かせるじゃーありませんか!

「Raspberry Pi」はこちら




たった5ドルの超小型コンピュータ「Raspberry Pi Zero」登場

価格を5ドル(約610円)にまで下げた超小型コンピュータ「Raspberry Pi Zero」が登場した。
英非営利団体のRaspberry Pi Foundationは11月26日、価格を5ドル(約610円)にまで下げた超小型コンピュータ「Raspberry Pi Zero」を発表した。

 1GHz動作のARM11コアによるBroadcom BCM2835、512Mバイトメモリ、microSDメモリーカードスロット、mini-HDMIポート、microUSBポート、拡張端子などを搭載。サイズは65×30×5ミリと、Raspberry Piとしては最小だ。従来のRaspberry Piと同様、ScratchやMinecraftといったアプリケーションが動作するとしている。

 Raspberry Piは安価な超小型コンピュータとして登場(Raspberry Pi A+は現在、日本では2620円)したが、「それでも途上国ではコンピュータは多くの人々にとってぜいたく品」。価格がネックになり、Raspberry Piに手が届かない多くの人々がいるとして低価格化に取り組んだという。
(ITMediaより)
posted by カミガタ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都府京丹後市、太陽光発電・蓄電池・災害対策BOXを備えた充電ステーションを設置

「道の駅 てんきてんき丹後」、「道の駅 くみはまSANKAIKAN」、「宇川温泉 よし野の里」の3カ所。USB端子を使ってスマホの充電もできるとのこと! 充電ステーション増やして欲しいですね

京丹後市、太陽光発電・蓄電池・災害対策BOXを備えた充電ステーションを道の駅など市内3カ所に設置完了

2015年11月20日、京丹後市(本庁:京都府京丹後市峰山町、市長:中山 泰)は、クリーンエネルギーを活用した多様なサービスを地域展開するため、市内道の駅などの公共スペースに電動車両向け充電スタンドの設置・整備を進めており、「道の駅 てんきてんき丹後」、「道の駅 くみはまSANKAIKAN」、「宇川温泉 よし野の里」の3カ所への充電スタンドの設置が完了したことを発表した。

設定された「道の駅 くみはまSANKAIKAN」、「宇川温泉 よし野の里」の2つの充電ステーションは、災害時など太陽光発電システムと蓄電システムの自立運転により電力供給が可能とする。当該するステーションには、電源(USBポート付OAタップ)、ラジオ、懐中電灯、軍手(10セット)を備えた災害対策BOXを付属し、災害発生時でも携帯電話・スマートフォンなどを充電することができる
(インプレススマートフォーラムより)
posted by カミガタ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域-京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

世界遺産がレゴブロックで! 二子玉川ライズで開催!

展示の中にはレゴブロックで再現された「富士山」や「サグラダファミリア教会」「首里城」に「スワヤンブナート寺院」があります。使っているレゴブロックの数は45万ピース!
レゴブロックの可能性が広がっていきますね。


東京都・二子玉川にて「富士山」など40の世界遺産をレゴブロックで再現
(マイナビニュースより)
イッツ・コミュニケーションズは、レゴブロックで「富士山」など世界遺産を作った40作品を展示するイベント『PIECE OF PEACE -「レゴブロック」で作った世界遺産展PART-3』を開催する。会期は12月26日〜2016年1月5日 10:00〜21:00(1月1日は休館)。会場は東京都・二子玉川の「iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ」(二子玉川ライズ2F)。入場料は大人(高校生以上)800円 / 子ども(小・中学生)400円(前売り券は各100円引き)。

同イベントは2012年、「世界遺産条約が採択されて40周年」を記念して、『PIECE OF PEACE-「レゴブロック」で作った世界遺産展』第3回展としてスタートし、日本各地や海外(香港、台湾)での開催を経て、このたび東京都・二子玉川で開催されるもの。

メイン展示である『LOVE EARTH / LOVE ASIA 「レゴブロック」で作った世界遺産』では、「モン‐サン‐ミシェルとその湾」、「古都京都の文化財」、「サグラダファミリア」、「シドニー・オペラハウス」など、世界27か国・40もの世界遺産と地球がレゴブロックで再現される。2013年にUNESCOの世界遺産リストに登録された「富士山 -信仰の対象と芸術の源泉」のモデルも登場する。なお、使用したレゴブロックの合計は約45万ピースとのことだ。

このほか、「LOVE PEOPLE -ART・MESSAGE」と題して、国内外で活躍するアーティスト・文化人による、"未来に残したいたからもの"をテーマとしたアート作品やメッセージなどのコンテンツや、サブ展示「LOVE HERITAGE」では『映像で感じる「世界遺産」』として、TBS「THE世界遺産」特別編集映像、『宇宙から見た「世界遺産」』としてJAXA(宇宙航空研究開発機構)特別協力企画-地球のたからもの、宇宙からの姿・写真を展示、さらにユネスコ世界遺産活動紹介コーナーなどの展示も行われる予定となっている。

なお、入場料およびグッズ売り上げの一部は、日本ユネスコ協会連盟が行う世界遺産活動へ寄付されるとのこと。
posted by カミガタ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。