2015年12月28日

ビックカメラ系列からコスパ抜群のWindows10タブレット登場!

旭エレクトロニクス製、ビックカメラグループ(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)が独占販売のWindows 10タブレットが発売されました。ブラックモデル「SG080iBK」とシルバーモデル「SG080iSL」の2種類です。
PC Watchより

WindowsタブレットやスティックPCは、各メーカーから販売されていて、IntelのAtom Zで差別化難しいですが、この機種はコスパ高いです!

タブレットの場合、2015年末時点で大体はストレージは32GBのものが多いです。これだとWindowsだけで5GB以上取られるので、色々あって20GBあまりしか実際使えません。ソフトや写真・音楽を入れると、データ退避の頻度が多くて大変です(実際マルチメディア系を入れなくても128GBが本当はギリギリというのが体感です)。
それに安いタブレットは(10000円以下のものもありますが)メモリが1GB(ストレージも大概16GB)。これでは起動してしばらく触っていると、すぐに重くなります。

今回のビックカメラ系列タブレット「SG080iBK」と「SG080iSL」は、まずストレージが64GBあります。これならWebブラウジングだけでなく、写真や音楽、Officeソフトやデータ、少しくらいなら動画も持ち歩けます。

さらに液晶は8インチでIPS方式の1920×1200ドットと比較的高解像度! 格安・激安タブレットはTNという格下の液晶のものもありますが、IPS方式は最高ランクです。

メモリも2GBで標準的。

もうひとつ、無線LANやBluetoothはもちろん、GPSが内蔵しています。これで地図サイトや地図アプリも安心。カーナビとしての用途もありです!

これで税込でも20000円弱で買えて、ビックカメラやソフマップ、コジマのビックカメラ系列ポイントが10%付きます。国内保証もあって、延長保証も付けられます(むしろ使い倒す方がおいしい)

唯一気になるのは解像度が高いため、タッチパネルがそれに追随できるかです。
それを確認の上、問題なければこの製品は間違いなく「安定した買い!」と言えるのではないでしょうか
posted by カミガタ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

世界最大容量を謳う容量26,800mAhモバイルバッテリが出た! 

容量26,800mAhのモバイルバッテリがAnkerから出ました。
「Anker PowerCore+ 26800」は、世界最大容量を謳うモバイルバッテリです。

Impress PC Watch
によると、「Anker PowerCore+ 26800」は、給電用USBポートを3基備え、各ポートごとに最大2.4A、最大6Aまで給電可能。1基はQuikc Charge 2.0対応で、5V/2.4Aのほか、9V/2A、12V/1.5Aでの出力に対応。また、本体充電側もQuikc Charge 2.0による9V入力をサポート(製品にQuikc Charge 2.0対応の18W本体充電器を同梱)し、ほかのモバイルバッテリと比較して2倍の早さで充電可能といいます。

容量26,800mAhは、iPhone 6は10回、Galaxy S6は7回、MacBook(2015)は3回以上充電できるそうです。キングジムから出たモバイルPC「ポータブック XMC10」でもMacbook以上に充電できるでしょうね。

パナソニック製のバッテリセルを使用し、外装はアルミニウムでカバーしているので、品質も期待できそうですね。
値段は7999円と安くはないですが、ACアダプタが付いていること、何より最大容量のモバイルバッテリで充電も早いのは魅力です。

Anker PowerCoreモバイルバッテリー

posted by カミガタ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

ユニバーサルデザインの実証実験を羽田空港でNTTとパナソニックが開始

ここで実験されているのは、スマートフォンを使った情報取得、位置情報を使ったガイドシステム、騒音下でも聞き取りやすい音声での案内、プロジェクション・マッピングを用いた案内サインなど。
訪日外国人や視覚障がい者、高齢者など、いろんな立場の人が利用しやすい公共スペースを目指す試み。注目していきたいですね。


パナソニックとNTT、観光客が空港を利用しやすくする実験を共同で開始
パナソニックとNTT(日本電信電話)は、ユニバーサルデザインを高度化する実験を羽田空港の国際ターミナルビルで、本日から2016年3月31日までの期間で実施することを発表。同時に、プレス向けの見学会を行なった。

 2020年に開催される東京オリンピック&パラリンピックに向けて、訪日外国人や視覚障がい者、高齢者などを含む空港利用者が、増加していくことが予想される。そんな中、今回は空港を利用するすべての人の空港内での移動をサポートするための実証実験を行なっていく。

 パナソニックは、2つのソリューションを実験する。1つが、LED光源にスマートフォンをかざすだけで、多彩な関連情報が取得できるシステム。

 これは「光ID技術」を活用したもので、LED光源の点滅を制御し、スマートフォンにID情報を送るという。同技術のユーザーメリットとしては、読み取り速度が速く、混雑時でも光の届く位置であれば、スマートフォンをかざすという簡単な動作だけで情報が取得できる点を挙げた。

 羽田空港内では、この光IDに対応した照明看板や照明器具、デジタルサイネージディスプレイなどを設置。スマートフォンをかざすだけで、直感的に情報を送り届ける。

 もう1つの実験が、高指向性ビーコンを利用し、利用者を希望の場所に、正確に導くシステム。これは、GPS電波の届かない空港内でも、利用者の位置情報を正確に把握できる技術。

 この位置情報を把握するために、指向性の高いビーコンを空港内の各所に設置。スマートフォンで専用アプリを使う利用者が、目的地までスムーズに到着させることを目的とする。

 今回、パナソニックと共同で実証実験を行なうNTTも、多彩なソリューションを提案。

 「インテリジェント音サイン」では、騒音下でも聞き取りやすい音声案内の実現を目指す。これは、雑音の大きさに応じて音声の周波数をリアルタイムに調整し、ボリュームを上げずに聞き取りやすさを向上させる技術。

 今後は、視覚障がい者用に空港内の各所に設置されている、案内用のスピーカーに、同技術を組み込んでいく予定だという。これにより、利用者が多く雑音が大きい場所でも、障がい者がはっきりと案内音声を聞き取れるようになることを目指す。

 その他、案内看板などにスマートフォンをかざすだけで、様々な情報を表示する「かざして案内」、プロジェクション・マッピングを用いた案内サイン「プロジェクションサイン」などのデモが行なわれた。
(家電Watchより)
posted by カミガタ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超コンパクトなモバイルPCがキングジムから登場。特殊構造キーボードでノートPC並の入力が可能!

この製品の素晴らしい所
・最近なかった8インチノートPC(昔はSonyのVaioPなどいくつかでていた)
・過去の8インチPCはキーボードが小さく押しづらかった。それを収納回転式にすることで12インチモバイルノートPC並の大きさを確保
・映像出力が便利。ビジネスに便利なミニD-Sub15ピン(モバイルPCでは最近省略されやすい)とHDMI端子の両方載っている
・フルサイズのSDカードスロットが付いている。8インチタブレットだとないか、Micro SDの機種も多い
・モバイルバッテリーで充電可能。スマホと充電電源を共通化出来る
・CPUはタブレットで多いAtomだが、世代の新しいコードネーム「CherryTrail」ことz8000番台の上位モデルを搭載。軽い動画程度ならこなせる(はず)

値段9万円。液晶の質も心配で、ストレージも32GBも少ないのが残念ですが、昨今元気がなかった日本のPCメーカーに意外な所から新規参入が出てきたことはとても嬉しいです。ストレージや液晶の綺麗さがアップした機種やスペック維持で低価格化も期待したいですね!

文具メーカーのキングジムがPC市場に参入。8型液晶で12型相当の変形キーボード搭載
株式会社キングジムは、同社初となる変形式キーボード搭載のクラムシェルノートPC「ポータブック XMC10」を2016年2月12日に発売する。

 ポータブックは、文具のように“さっと持って出かけて、これだけでどこでも仕事ができる”をコンセプトにしたモバイルノート。可搬性を上げるために、タブレットに近い8型の液晶を採用。これにより、小さめの女性のバッグにも楽に収納できる。

 一方で、8型のままではキーボードが窮屈になってしまうため、同社は、左右2つに分離したキーボードがそれぞれ内側に90度回転して一体化し、12型相当のキーピッチを持つ独自キーボードを1年をかけて開発した。これにより、使用時にキーボードの両端は筐体の幅からはみ出るものの、奥行きには影響がないため、電車や飛行機の小さなテーブルの上でも利用することができる。また、回転時にキーボード下のレールが露出しないようにすることで、埃の侵入を防ぐ構造としている。キーピッチは横18mm、縦15.5mm、キーストロークは1.5mm。

キーボードが大きな面積を占めるため、タッチパッドは採用されず、キーボード中央に光学式ポインティングスティックを備え、手前側には左右クリックとスクロールボタンのみを配置する。

 可搬性向上のため、充電についても、Micro USB端子を採用し、一般的なモバイルバッテリでの充電に対応させた。

 主な仕様は、Atom x7-Z8700(1.6GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ2GB、ストレージ32GB、1,280×768ドット表示対応TFT液晶、Windows 10 Home、Office 365サービス(1年分)を搭載。店頭予想価格は9万円前後。

 インターフェイスは、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、USB 2.0、SDカードスロット、音声入出力。この内、HDMI、ミニD-Sub15ピン、USB 2.0、音声入出力、電源端子は背面にあり、通常はカバーで覆われている。カバー部分は開けると、若干本体奥が持ち上がり傾斜がつく。また、USB 2.0は、やや奥まった位置にあるため、マウス用小型レシーバーなどは、着けたままカバーを閉められるようになっている。

 本体サイズは折りたたみ時が約204×153×34(幅×奥行き×高さ)、使用時が約266×153mm(幅×奥行き)。重量は約830g。バッテリ駆動時間は約5時間。
(PC Watchより)
posted by カミガタ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

道の駅を地域拠点化、「道の駅元気プロジェクト」を近畿日本ツーリストがスタート

1993年より日本各地に次々とできた「道の駅」。車の通過点ではなく、地域が発信し、観光や産業振興のハブとしての「道の駅」活用において、今回の試みはもっと広がってほしいものです。


「道の駅」を拠点にコンソーシアム、近畿日本ツーリストなど

近畿日本ツーリストは、全国の「道の駅」を拠点とした地域活性化事業「道の駅元気プロジェクト」を12月から開始する。同社が事務局となって異業種のコンソーシアムを組織し、観光客の誘致や地域特産品の販売支援、レストランのプロデュースなどのコンサルティングビジネスを展開する。

 同社は、道の駅が「日本版DMO(Destination Management / Marketing Organization)」として地域の観光マーケティング・マネジメントを担うことを期待し、関連の取り組みを支援していく。コンソーシアムには、観光農園の運営や6次産業化を手がける和郷(千葉県香取市)、クックパッド(東京都渋谷区)、辻調理師専門学校(大阪市阿倍野区)の3社が参加する。

 役割分担は、和郷が観光農園のプロデュースや直売所の販売支援を行う。クックパッドは、食材宅配サービス「クックパッド産地直送便」に「道の駅専用コーナー」を設置して、産地直送食材をインターネット販売する。辻調理師専門学校は、食による地域振興を通したIターンやUターンの推進、モデル化を受け持つ。

 近畿日本ツーリストは、事務局として参加企業の調整や、観光ビジネスについてのコンサルティングなどを行う。今後、道の駅の要望に応じて、新たな企業、団体にも連携を拡大していく予定だ。

 道の駅は、地方自治体が主体となって設置し、国土交通省に申請登録された施設で、11月現在で全国に1079カ所ある。24時間利用できる無料駐車場やトイレなどの「休憩機能」、道路情報・観光情報・緊急医療情報などの「情報提供機能」、文化教養施設・観光レクリエーション施設などの「地域連携機能」という3つの機能を備える。近年は、特産品の販売や加工(ブランド化)、観光客誘致など、旅の経由地としてだけでなく観光拠点としての地域産業の担い手の役割を期待されるケースも増えてきている。
(日経BPネット 新・公民連携最前線より)
posted by カミガタ at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

羽田空港で全日空の青いサンタのスタッフがお出迎え! ペッパーも居るよ

待っているのは、入社1年目の初々しい新入スタッフ!
この「Aviation Wire」によると、2012年にも同様のイベントをやっており、今年はあのロボット「ペッパー」も自動手荷物預け機「ABD」をPRしているのだとか。
ANAのロゴが入ったイヤホンを数量限定で提供していて、先着順。これも見逃せません!

ANA、青いサンタがお出迎え 羽田でロゴ入りイヤホンをプレゼント
 全日本空輸(ANA/NH)は12月4日から、羽田空港国内線第2ターミナルで「HAPPY HOLIDAYS from ANA(ハッピーホリデイズ フロム ANA)」と題して、青いコートに身を包んだ空港旅客係員(グランドスタッフ)が出迎えている。25日まで。
 ANAは7月から羽田第2ターミナルに自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop サービス(ABD)」を順次導入。当初5台だったABDが、12月4日から全39台が稼働している。

 “青いサンタクロース”は、本格稼働したABDの使い方を利用者に説明し、ANAのロゴが入ったイヤホンと特製シールを配った。イヤホンは先着順でABDの利用者にプレゼントしており、なくなり次第終了する。

 また、カウンターにはクリスマスプレゼントをイメージした飾り付けが施され、案内ディスプレイもクリスマスをイメージしたイラストを映し出している。

 青いコートを着て応対していた、加藤香具弥(かぐや)さんと今西唯さんは入社1年目。加藤さんは、「最初は恥ずかしかったが、お客様から話しかけられたので、ABDの使い方を説明しやすかった」と青いサンタになった感想を話した。

 今西さんは「恥ずかしかったけれど、小さな子供に話しかけやすかった」と話し、「今までも自分からお客様に話しかけるように心掛けていたが、これを機会に子供からお年寄りまで積極的に話しかけたい」と、青いサンタに扮したことで接客のヒントを得たようだった。

 ANAは23日から25日まで、羽田第2ターミナルでイベントを開く予定。
(Aviation Wireより)
posted by カミガタ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

冷凍鍋焼きうどんのキンレイが、プレミアムな『THE鍋焼うどん』プレゼント懸賞。信楽焼の土鍋付!

鍋焼きうどんでおなじみ、キンレイが「最高においしい鍋焼きうどん」に挑戦。信楽焼の土鍋もついてくるプレゼントキャンペーンを12月25日まで開催
冬は鍋焼きうどんが温まる!

コンビニ鍋焼うどんファン必見!"最高に美味しい"に挑戦した「THE鍋焼うどん」
コンビニの冷凍コーナーに昔からあるアルミの鍋焼きうどんをご存知だろうか。「子どもの頃、親がよくつくってくれた」「風邪の時によく食べる」という人も多いかもしれない。そんなアルミの鍋焼きうどんを長年にわたり、製造・販売しているのが日本有数の冷凍商品メーカーである“キンレイ”

アルミの鍋焼きうどんは、温めるだけの調理法ゆえ簡便性がフィーチャーされがちだが、同社の商品にはうどん専門店さながらに一から出汁をひき、美味しい状態のまま冷凍するなど、多くのこだわりが詰まっているという。そして、そんな同社が「お客様のため、もっと美味しいものを追求したい」という想いのもと作り出したのが、“最高に美味しい”挑戦した『THE鍋焼うどん』。少量生産となっており、「キンレイ感謝の日キャンペーン」で当選した39名にプレゼントする。

具材である足赤海老は開発チームの担当者が深夜、漁港で待機。浜揚げ後すぐに持ち帰り、調理して凍結。濃厚な旨みを閉じ込めたという。さらに特製の土鍋まで登場する。信楽焼伝統工芸士・篠原希氏に「THE鍋焼うどんをより美味しく食べるための土鍋をつくってくれないか?」とオーダー。昔からキンレイ商品を食べていたという篠原氏はそれを快諾し、『THE鍋焼うどん』用に特製土鍋を制作した。篠原氏は「テーマは“蓋を開けた瞬間の感動”。その瞬間をイメージしながら、全体のフォルムはポッコリとした可愛らしいラインになるように、左右のつまみと蓋の取手には個性をもたせながらも持ちやすさを失わないように気をつけました」と、その“こだわり”を語った。

キャンペーンの応募条件は、パッケージの「なべやき屋キンレイ」ロゴを3枚集めること。『THE鍋焼うどん』を食べてみたい!という方は是非、応募してみてほしい。
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

ガンダムの名言が英語学習帳に! 『「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」の英語』

すでに発売から20日以上経ってますが、紹介!
ガンダムは好きで英語が苦手な人にピッタリ!

『「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」の英語』をAmazonで!



関正生氏『世界一わかりやすい英文法の授業』





『ガンダム』名言で英語を学ぶニュータイプ学習書が登場、作品世界観も反映
KADOKAWAは、安彦良和氏原作のコミック『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のセリフの数々を、英語で学べる英語学習書『「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」の英語』を11月11日に刊行する。

本書は、劇場アニメ第2作『機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア』が11月13日までイベント上映中のコミック作品『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を通して英語を学ぶ、新しいタイプの英語学習書。最新作『機動戦士ガンダム THE ORIGIN II』からはもちろん、『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイたちが繰り広げた激闘もストーリー順に紹介している。

各シーンのセリフは、現在刊行中の欧米版コミックをもとに日英対訳。英文解説は『世界一わかりやすい英文法の授業』などの著者である英語講師の関正生氏が担当する。各ページには劇中のコマが多数掲載されており、ストーリーを思い出しながら英語を学べる構成に。劇中に登場するシャア・アズナブルの有名なセリフ「坊やだからさ…」は、"Because he was a spoiled kid..."という、欧米版の翻訳を紹介している。spoil は「だめにする・甘やかす」という意味であり、「甘やかされた子ども」という、シャアが持っているガルマ・ザビに対するイメージを表現するなど、『ガンダム』の世界観を反映したものになっている。

『「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」の英語』はKADOKAWAより11月11日発売。価格は1,200円(税別)となる。
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。