2016年04月29日

「からあげクン」がドラクエとコラボ。「ホイミ味」唐揚げでHP回復?

ローソン名物「からあげクン」。
ガーリックマヨネーズが、ピリッと疲れを回復してくれそう。
「ロトのつるぎ ようじ」もコレクターズアイテムとして貴重!
「コアラのマーチ」みたいに、スライムのイラスト付からあげクンの発見も「冒険心」を駆り立ててくれそうですね

元記事はこちら

「からあげクン」に「ドラクエ ホイミ味」 “回復成分”を配合?
ローソンが「からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味」を5月に発売する。

ローソンは、ゲーム「ドラゴンクエスト」とコラボした「からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味」を5月10日に数量限定で発売する。「ドラゴンクエスト」の回復呪文「ホイミ」をイメージし、“回復成分”としてガーリックマヨネーズを配合。「冒険者の皆さまのHPを回復する」とうたう。価格は216円(税込)。

からあげクンとドラゴンクエストが、ともに発売30周年を迎えることを記念したコラボ商品。大きくスライムがデザインされた特別パッケージになっており、先着・数量限定で「ロトのつるぎ ようじ」も用意する。スライムのイラストが入ったからあげクンが隠れている場合もあるようだ。
(ITmediaニュースより)
posted by カミガタ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

被災地に送られる「迷惑な」折り鶴、被爆都市広島では年1億の税金投入。注目される再生プロジェクト

インターネットWatchのやじうまPC Watchの記事によると、「被災地に折り鶴を送るのは実は迷惑」という話が取り上げられていました。

4月14日の熊本地震の震度7の地震直後からの声をまとめたTogetterJ-Castニュースでは、「災害直後に必要なのは食料や燃料です!千羽鶴は正直いりません!」「古着や食料も迷惑」という抗議の声が集まっていました。まだお金のほうがかさばらず、腐らないので、直接な支援になるのだか。

一方で、「被災地に千羽鶴や手紙は迷惑…でもこの方法なら処分に困らないメッセージを届けられる!」というTogetterでは、「支援物資のダンボールにメッセージを書く」方法が有効と書かれています。

例えば広島。1年10トンでその処理費用として1億が税金投入されているそうです。
被爆都市のシンボルとして日本だけでなく、世界から記憶される広島ですが、こんな苦労があったのですね。

その一方で、送られてきた折り鶴を有効活用している例も紹介されています。
広島市ホームページ内の「折り鶴に託された思いを昇華させるための方策について(最終とりまとめ)
」では、2011年に再生紙化や焼却処分など複数の方法を試し、その効果と課題をまとめています。

折り鶴再生プロジェクトとして、広島の企画印刷会社「株式会社 文華堂」が「折り鶴再生紙」としてリメイク。名刺として提供を行っています。広島市内で授産施設(おもに社会福祉法人などの団体により身体障がい者や精神障がい者、家庭の事情で就業や技能取得が困難な人物に対し、就労の場や技能取得を手助けする施設)にて折り鶴の中で再生紙にリサイクルできるものを選別。またこのプロジェクトでは、売上の一部を原爆ドーム保存事業基金へ寄付しています。
posted by カミガタ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

Twitterの災害関連情報ツイートを分析、被災者・復旧・救援活動に対して有用な情報を提供するシステム「DISAANA」

Twitterの爆発的な普及のきっかけになったのが、東日本大震災と言われています。一方であらゆる方面からツイートが流れて、どれが本当か、どれを優先していいのか、で迷われてる状況も記憶しています。

この技術でできるだけ確実な情報を知ることができ、熊本地震の復興に役立てればいいと思います

(Internet Watchより)
熊本で何が不足しているのか、災害関連のツイートをリアルタイムに分析して回答を表示するシステム「DISAANA」

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が、対災害SNS情報分析システム「DISAANA(ディサーナ)」を公開している。

 DISAANAは、「DISAster information ANAlyzer」の略。Twitterに日本語テキストとしてツイートされた災害関連情報をリアルタイムに取得して分析し、質問文に対する回答候補を抽出、地図上あるいはカテゴリー別にリストとして表示するシステム。分析対象となるツイートは日本語でツイートされるうちの10%程度とのこと。

 質問文は自由に入力できるほか、「熊本県で不足しているのは何?」「熊本県のどこで炊き出しをしていますか」といった「何」や「どこ」といった言葉が含まれるものを質問例からも選択できる。

 デマ情報に対しては、情報の信ぴょう性の判断材料として、矛盾する内容のツイートを同時に検索・抽出し、回答候補のカテゴリーに「矛盾情報あり」というマークを追加する。分析結果は最長で4日間保持されるという。
 スマートフォンやタブレットのウェブブラウザーから利用できる「DISAANA mobile」では、GPSで現在地周辺の災害関連情報をボタン1つで抽出・表示できる機能を提供する。

 システムの利用にあたっては、そもそも不正確なツイート情報や、自動分析の誤りによる不適切な回答候補が表示される可能性があることについての免責事項の条件に承諾する必要がある。また、入力した質問や操作の記録とIPアドレスは研究のためNICTに記録される。

 東日本大震災の際には、TwitterなどのSNS上に有用な災害情報がツイートされる一方、それらの情報に対する分析・検索手段が不十分で、必要な情報を得にくかったことから、NICTでは被災者・復旧・救援活動に対して有用な情報を提供するシステムとしてDISAANAを研究・開発しているという。

 なお、NICTでは17日、航空機搭載合成開口レーダー「Pi-SAR2」を搭載したジェット機「ガルフストリームII」で8時15分からの約2時間、熊本・大分地域における地表の変化状況(斜面の崩落等)の観測を行い、ウェブページで観測データの詳細画像を掲載していくとのこと。
posted by カミガタ at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

日焼け止めは「ジェルタイプ」がトレンド! 停滞する化粧品市場の救世主

人口減で化粧品市場が停滞する中、UVカットの日焼け止めは貴重な稼ぎどころとして各社とも位置づけているようですね。
ジェルタイプは水に似た付け心地で、乳液タイプに比べ白残りしにくく、肌伸びしやすいメリットが。
日焼け止めの進化は、この先も続きそうです

日焼け止め製品


日焼け止めに新顔続々 貴重な拡大市場

■注目はジェルタイプ、さらっとした使用感人気
 化粧品各社が新技術を盛り込んだ日焼け止めを相次ぎ投入している。人口減で停滞感を強める化粧品市場にあって、日焼け止めは拡大を続ける貴重な分野。各社は特定の利用シーンに的を絞るなどして独自色を競い、商品の多様化をもたらしている。

 最近の日焼け止め市場で人気なのは、つけ心地が水に似たジェルタイプだ。それまで主流だった乳液タイプに比べ、塗った後に白く残りにくく、肌に伸ばしやすい点が好まれている。今年は特に、使用感をさらに高めた商品が目立つ。

 最大手の花王は日焼け止めブランド「ビオレ さらさらUVシリーズ」に「爽快ジェルローション」を加えた。汗を乾かすパウダーを配合、さらっとした使用感を実現した。メントールのひんやりした感覚も特徴だ。

 ロート製薬の「スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンス」は、紫外線をカットする成分を増やさずに効果を高めた。「カット成分を増やすと悪化しがちな使用感と両立させた」とアピールする。

 コーセーは、かつて展開していたスポーツ向けの化粧品ブランド「スポーツ ビューティ」を、日焼け止め専門ブランドとして復活させた。「身にまとう」がコンセプト。「肌の上に膜を作る成分を配合し、長時間運動したり、汗をかいたりしても効果が続く」という。

 「アネッサ」を展開する資生堂は、主要製品に採用した「アクアブースター技術」により、汗や水に触れると肌を覆う膜が反応して厚くなり、かえって紫外線カット率が高まるという。2月の東京マラソンでは同ブランドで初めて協賛、「日本と同じく高温多湿のアジアにも売り込みたい」と意気込む。

 富士経済によると、平成27年の日焼け止め市場は前年比4・3%増の337億円。女性の間で美白意識が高まり、紫外線による肌のダメージを気にする人が増えたことによる。最近は、夏場に限らず日常的に使う消費者が増えている上、男性や子供にも利用者が広がっているという。
(産経新聞より)
posted by カミガタ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。