2008年06月14日

高分子「サクラン」は、わずか1グラムで5〜6リットルもの水を吸収する

コレは様々な分野に応用できそうです。
記事中にある化粧水もさることながら、よりコンパクトな乾燥剤、洪水時に決壊を防ぐ土嚢、赤ちゃんのオシメなど。
人工的に合成できるようにして、実用化が待たれます。

(毎日新聞より)
<吸水高分子>ヒアルロン酸の5倍…藍藻から発見


北陸先端科学技術大学院大(石川県能美市)の研究チームは13日、淡水に生える藍藻(らんそう)の一種「スイゼンジノリ」から、わずか1グラムで5〜6リットルもの水を吸収する高分子を発見したと発表した。代表的な吸水高分子であるヒアルロン酸の5倍の吸水力があり、保湿力を高めた化粧水などへの応用が期待できるという。

 スイゼンジノリはかつて九州の湖や清流に生えていた藻で、高級食材として珍重され、現在は食用に養殖されている。この高分子はスイゼンジノリの主成分で、同大の金子達雄准教授らは「サクラン」と名付けた。

 研究チームによると、サクランはヒアルロン酸と同じ糖の分子が鎖のように連結した多糖類。この糖分子の鎖の長さが約10ルーブルと、これまで知られた多糖類の中で最も長いのが特徴で、長い鎖で水の分子を抱え込んで高い吸水力を持つと考えられる。

 化粧水に使えば、皮膚の表面で水のベールを作り、皮膚内の水分の蒸発を防ぐことができるという。熊本市の環境べンチャー企業が「サクラン」を使用した化粧品原料の開発を進めている。


posted by カミガタ at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。