2008年06月29日

この夏はサイダーの製品競争が激化!!

今年のサイダーは炭酸強め、甘み強めがブームだそうです。

今までは弱炭酸、甘み控えめが流行りで、イマイチ個人的には面白みがなかったわけですが、今年の傾向は面白くて良い! と思います。

果たしてどこが勝ちますやら。

忘れてはならないのが「地サイダー」。
こちらにも注目です!

(毎日新聞より)
<サイダー>飲料メーカー各社の販売競争が激化


「今夏はサイダーで勝負」と、飲料メーカー各社の販売競争が激しさを増している。サントリーがサイダー市場に本格参入を表明し、ライバル社も昨年から今年にかけてそろって主力商品を刷新した。今年は炭酸の刺激と甘みが強めの商品が主流で、夏の需要期に向けて消費者の年齢層拡大を目指す。

 サントリーは炭酸飲料「ラッキーサイダー」(500ミリリットル、税抜き希望小売価格140円)を7月15日に発売する。サイダーは初の自社開発。メーンターゲットは10〜20代の若い男性。果実を使った香りとさわやかな後味が特徴だ。

 サントリーによると、07年は猛暑の効果などからサイダーの売れ行きが伸び、この市場は前年比約2割増の推計約3500万ケースだった。今年はさらに9%の伸びを予想している。「炭酸の刺激を求めるニーズは高くなっている」(サントリー)という。

 サイダーで6〜7割の圧倒的シェアを誇る「三ツ矢サイダー」のアサヒ飲料は「市場全体が活性化すれば、売り上げも伸びる」とサントリーの参入を歓迎。3月にリニューアルした果汁入り炭酸飲料「レモンを搾った三ツ矢サイダー」で対抗する。

 サイダーは、このところ健康志向の若い女性向けに甘みを抑える傾向が続いていたが、キリンビバレッジは3月に「キリンレモン」の甘みを強めた。「家族で楽しく飲める飲料」と位置づけ、対象年代を子供から60代までに拡大。今年は07年(331万ケース)の倍以上の700万ケース販売を目指す。

 日本コカ・コーラも「スプライト」「スプライト ゼロ」の甘みを強め、5月にリニューアル。「スプライト ゼロ」は炭酸も強め、刺激の「楽しさ」も打ち出した。


posted by カミガタ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。