2008年08月21日

ハイビジョン見るならプロジェクタも選択肢に。22万に下がった三菱「LVP-HC5500」

プロジェクタはスクリーンに大きく映せるということで魅力を感じてましたが、どうかな、と思う場面が2つありました。

1.値段が高い(40万近くした)
2.ファンがうるさい

今回の「LVP-HC5500」は22万で19db。

値段は液晶テレビと遜色なくなってきましたし、低騒音なのも嬉しい。
これでプロジェクタも検討材料に上がってきそうです。



「LVP-HC5500」のベースになった「LVP-HC6000」



三菱、実売22万円のフルHD液晶プロジェクタ
−レンズ変更で低価格化した「LVP-HC5500」


三菱電機株式会社は、フルHDパネルを搭載した液晶プロジェクタ「LVP-HC5500」を9月1日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は22万円前後の見込み。

 0.74型/1,920×1,080ドットのエプソン製パネルを採用した液晶プロジェクタ。パネルはD6/C2FINE。2007年発売のLVP-HC6000(発売時実売35万円)の基本設計を踏襲しながら、レンズの変更などで低価格化を図ったエントリーモデルとなる。

 HC6000からの最大の変更点はレンズ。映像に与える影響を抑えながら、小口径かつズーム倍率を抑えるなどで、コストダウンを図っている。ズーム倍率はHC6000の1.6倍から1.2倍に抑えられている。また、レンズシフト機構は、HC6000の上下75度、左右5度から、上下50度、左右なしに変更された。

 コストダウンを図りながらも、リモコン操作による電動ズーム/フォーカス機構は引き続き搭載。また、LVP-HC6000で採用されていた動的アイリス機構も備えている。シーンの明暗にあわせて絞りを動的に調整するオートアイリスは、リニアモーターの採用により1/60秒単位でアイリスを制御。これにより、明暗差の激しいシーンにおいても、瞬時に絞り幅を切りかえ、映像のもつダイナミックレンジを引き出す。オートアイリス利用時のコントラスト比は 1万:1。

 投写サイズは50〜250型。100型の最短投射距離は3.1m。ランプは160W出力のUHE。輝度は1,000ルーメン(HC6000は800ルーメン)。

 レンズ以外の基本設計はLVC-HC6000を踏襲しており、IP変換回路にはSilicon Optix製の10bit「Reon-VX」を採用。IP変換やノイズリダクションなどの処理を高精度で行ない、ビデオ/フィルム混在素材でも適切なプログレッシブ処理を実現。24p入力にも対応し、24コマフィルムと30コマビデオの処理モードを任意に切り替えできる。

 入力端子は、Deep Color対応のHDMIを2系統と、コンポーネント、S映像、コンポジット、アナログRGB/コンポーネント共用(D-Sub15ピン)を各1系統装備する。RS-232C端子も備えている。

 大型のシロッコファンや新開発のパネル冷却ダクトの採用などで、業界最高レベルという低ファンノイズ19dBを実現。外形寸法は334×352×125mm(幅×奥行き×高さ)。重量は5.6kg。消費電力は250W。リモコンが付属する。


posted by カミガタ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。