2008年10月02日

「ニンテンドーDS」に新機種「ニンテンドーDSi」誕生。顔認識カメラ搭載

補足すると、
・音楽再生はDRMなしのAACのみ対応(もしかするとmp3も再生できるかも)
・液晶のサイズ3.25インチはあまりメジャーではないサイズだが、大量生産できるのか。デジカメやスマートフォンへの波及もあるのでは
・ゲームボーイアドバンスとの互換性がなくなった(ゲームボーイアドバンス用カセットのスロットも省かれている。主流はDSなので問題ないかな)
・無線LANは引き続き搭載。WEPだけでなく、WPA/WPA2もサポート
・カメラは30万画素。ヒンジ部内側と本体の外側に合計2つ搭載。顔認識機能も搭載
・内蔵メモリも大容量化
・DSでの使用開始に伴い「Wiiポイント」が「ニンテンドーポイント」に改名


正常進化といえるでしょう。
ゲームボーイアドバンスのソフトを使いたい人以外は、こちらの選択でいいのではと思います。

「ニンテンドーDS」関連製品はコチラ


(毎日新聞より)任天堂は2日、新型携帯ゲーム機「ニンテンドーDSi(アイ)」を11月1日に発売する、と発表した。価格は1万8900円。黒と白の2色を用意する。

 「ニンテンドーDSi」は、国内で2300万台を販売しているニンテンドーDSライトに続く「DS」シリーズ第3のゲーム機。タッチペンで操作する基本システムは受け継ぎ、本体を薄型化し、液晶画面の大きさも3.0インチから3.25インチに広げ、ニつのカメラを標準搭載する。また、曲を保存したSDメモリーカードを差せば、音楽プレーヤーの役割も果たす。

 内蔵ソフトウェアも強化し、ブラウザーソフトなどをインターネットで専用ソフトをダウンロードすることができる。「DSi」では、ゲームボーイアドバンスのソフトを利用できないが、対応するDSライトの販売は継続する。

 任天堂の岩田聡社長は「DSにはまだ成長の余地がある。一家に1台から一人に1台の流れを作りたい」とアピールした。


posted by カミガタ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。