2008年10月26日

福沢諭吉のオランダでのマル秘写真発見!

思うに、かなり鮮明な状態の写真ですね。
周りの使節の同行者に比べて背が高いのも大物感を感じさせますね。
福沢諭吉は。
蘭学を学んでいたのが幸いし、通訳として文久遣欧使節に参加。
明治の文化・思想を築き上げ、日本人の生き方・考え方に大きな影響を与えるわけです。福沢諭吉は。

写真ってすばらしいと思います。

『福翁自伝』と自由闊達なオランダについて書いた書
  

(産経新聞より)
福沢諭吉(1835〜1901年)が文久2(1862)年、文久遣欧使節の通訳として渡欧した際に撮影された写真4枚がこの夏、オランダのユトレヒトで発見された。渡欧中の肖像写真はこれまでに十数枚が確認されているが、慶応義塾福沢研究センターの都倉武之さんは「諭吉の自由闊達(かったつ)な気風がとらえられた、とても興味深い写真」と話す。(桑原聡)

 竹内下野守保徳を正使とした使節は文久2年1月に長崎をたち、フランス、英国、オランダ、プロシア、ロシア、ポルトガルをめぐり、約1年後に帰朝。使節はこの旅でユトレヒトの造幣局を訪問している。

 4枚の写真は東京大学史料編纂(へんさん)所の谷昭佳さんが、ユトレヒトの貨幣博物館が所蔵する文久遣欧使節の写真31枚を収めた記念アルバムの中に発見した。1枚は諭吉を含む使節4人の大判集合写真(20・3センチ×15・2センチ)、3枚は単独の名刺判写真(10・5センチ×6・3センチ)。

 大判写真の裏にはユトレヒトで活動していたドイツ系写真家「F・KAYSER(カイザー)」のスタンプがあり、使節がユトレヒトを訪問した7月15日から17日の間に撮影された可能性が高い。単独写真3枚も諭吉が同じ着物であることから同日撮影とみられる。

 「史料によると、一行がユトレヒトに到着した7月15日の夜にティボリ公園で歓迎会が催されています。推測ですが写真は歓迎会の前に撮影されたのでは。1カ月に及ぶオランダ滞在が終了した安堵(あんど)感が感じられるようです」と谷さん。

 諭吉が64歳のときに口述筆記させた『福翁自伝』で「各国巡回中待遇の最もこまやかなるはオランダの右に出るものがない」と回想しているように、4枚の写真からは歓待を受けてリラックスしている諭吉の様子がうかがえる。


posted by カミガタ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。