2009年10月29日

大画面化した「ニンテンドーDS」の新モデル「DSi LL」

ニンテンドーDSiが3.25インチですから、本体が大きくなったとはいえ、間違いなく、ゲーム画面を見やすくなっているでしょうね。

任天堂は売り上げ・利益が落ち込んだというニュースも伝わってきますが、この機種がカンフル剤となるか。

正直「画面が大きくなった」以外のアピールポイントが欲しかった所ですが。

(Impress Watchより)
任天堂、DSiを大画面にした新型携帯ゲーム機
「ニンテンドーDSi LL」11月21日発売


任天堂株式会社は、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の新モデル「ニンテンドーDSi LL(ディーエスアイ エルエル)」を、11月21日に発売する。価格は20,000円。

 「ニンテンドーDSi LL」は、ニンテンドーDSiの機能はそのままに、画面と本体を大きくした“LLサイズのニンテンドーDSi”。画面の視野角も向上し、プレーヤーのまわりにいる人も一緒にゲーム画面を見やすくなっている。

 液晶のサイズは4.2型、本体サイズは161.0×91.4×21.2mm(横×縦×厚さ)、重量は約314g(バッテリーパックおよびタッチペン含む)。本体に格納できる長さ約96mmのタッチペンに加え、長さ約129.3mmのタッチペン(大)が付属する。


posted by カミガタ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。