2012年06月25日

JR西日本「岡山・尾道おでかけパス」が29日から発売

糸崎まで行けるならせめて三原まで、と思ったりもしますが、岡山県は岡山市街に、備中高松城、倉敷の街並み。広島になりますが、鞆の浦に尾道と見所満載なので、圏外から来られて色々回りたいというのなら面白いかと思います。あと電車が見たいという人もオススメですね


JR西日本「岡山・尾道おでかけパス」今夏も発売 - 電話予約サービスも開始


JR西日本岡山支社管内の快速・普通列車の普通車自由席が1日乗り放題となる「岡山・尾道おでかけパス」が、今夏も発売される。今年は新たに電話予約のサービスも開始する。

「岡山・尾道おでかけパス」は今月29日より販売を開始し、翌30日から9月2日までの1日に限り利用できる。フリー区間となるのは、山陽本線三石〜糸崎間、伯備線倉敷〜新郷間、瀬戸大橋線岡山〜児島間、津山線・吉備線全線をはじめとする岡山支社管内の路線。

ただし、特急列車(山陽新幹線岡山〜新尾道間も含む)に乗車する際は特急券などが別途必要に。瀬戸大橋線の快速「マリンライナー」の普通車指定席に乗車する際も、別に座席指定券を購入する必要がある。

同きっぷは岡山・福山エリアのみどりの窓口にて、利用予定日の1カ月前から前日まで発売。ただし、同きっぷの新サービスとなる電話予約を利用した場合、乗車当日のきっぷの受取りも可能となる。電話予約はクレジット決済のみの取扱いとなっており、「ごよやくダイヤル」へ電話し、オペレーターに購入を申し出ることで、きっぷを手配できるというもの。「岡山・尾道おでかけパス」はおとな1,800円、こども500円となっている。


posted by カミガタ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。