2012年06月25日

三陸鉄道を応援できるマンガ『新・鉄子の旅』作者描き下ろし台紙付ききっぷ登場!

今三陸鉄道は一部区間が復旧したものの、全線復旧にはまだ2年近くの歳月が掛かります。
正直復旧、存続できるか危うい状態と思います。
切符が通信販売でも買えるのが嬉しい所で、地元の人でなくても切符を買って三陸鉄道、そして東北や三陸の復興を手助けできるのが、意義あることではないでしょうか。

4巻が震災後の三陸鉄道の様子が収められている「新・鉄子の旅」。「鉄子の旅」も。


三陸鉄道応援、マンガ『新・鉄子の旅』作者描き下ろし台紙付ききっぷ発売

三陸鉄道は29日、実録鉄道旅マンガ『新・鉄子の旅』の作者、ほあしかのこ氏描き下ろしの台紙が付いた「三陸鉄道応援きっぷ」を発売する。「新・鉄子の旅」は、鉄道に詳しくない漫画家が鉄道マニアに全国の鉄道を連れ回される実録マンガ。小学館のマンガ雑誌「月刊IKKI」で連載中。震災後の三陸鉄道を訪れた際の様子が収められている単行本の4巻が同日に発売されることになっており、「応援きっぷ」はこれにあわせて発売される。

「三陸鉄道応援きっぷ」は1セット2,850円。「北リアス線宮古から久慈行き」と「南リアス線釜石から盛行き」の硬券乗車券各1枚とほあしかのこ氏描き下ろしの台紙がセットになっている。乗車券の有効期間は三陸鉄道全線運転再開の日(平成26年4月の予定)から1年間。三陸鉄道久慈駅と宮古駅にて販売するほか、通信販売でも取扱う。通信販売で購入する場合、三陸鉄道株式会社旅客サービス部(岩手県宮古市)まで代金と送料(1セット140円)を現金書留か小為替で送る必要がある。
(マイナビニュースより)


posted by カミガタ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。