2012年06月27日

整備新幹線:北海道、北陸、九州・長崎ルートについて追加認可。時間とお金がかかりすぎる公共事業

北海道新幹線は24年後ですか…。
一気にパパっとできないものかね。
やらないと、技術が変わって作ったはいいが、もったいないにならないといいが。
並行在来線の問題もあるしね。
無駄に3線作るよりも1線に絞ることは出来ないかな。
あと北陸新幹線の敦賀〜大阪は?
ここも早く道筋着けないと、新幹線効果が得られないよ。


新幹線3区間、28日に認可 北海道・北陸・九州
整備新幹線の未着工3区間(北海道、北陸、九州・長崎ルート)について、国土交通省は28日に着工を認可する方針を固めた。消費増税法案が衆院通過し、国民に負担を求める一方、必要かどうか議論が分かれる総事業費3兆円の大型公共事業にゴーサインを出す。

 北海道新幹線の新函館―札幌(約211キロ)、北陸新幹線の金沢―敦賀(約113キロ)、九州新幹線・長崎ルートの諫早―長崎(約21キロ)の3区間。認可後すぐに着工の予定で、開業は九州が10年後、北陸は14年後、北海道が24年後になる見通しだ。

 国交省所管の独立行政法人が今月半ばに工事計画の認可を申請。沿線自治体の同意を得るめどが立ったことから、羽田雄一郎国交相が28日に認可を決め、発表する。新たな区間の認可は2008年3月の九州・長崎ルートの武雄温泉―諫早間以来、4年ぶり。民主党政権のもとでは初めてだ。
(朝日新聞デジタルより)


posted by カミガタ at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。