2012年08月21日

和歌山の紀の川で巨大流木引き上げ。樹齢1000年以上のご神木?!

和歌山県の紀の川で。とんだ落とし物ですね。
水のパワーはこんな巨木でも流してしまうのですね。
凄いな\(◎o◎)/


樹齢1千年超!?紀の川大堰の上流で40トン巨大流木引き上げ

和歌山市六十谷近くの紀ノ川で幹回りが約12メートルにもなる巨木が見つかり、国土交通省近畿地方整備局和歌山河川国道事務所が引き上げた。同事務所は「樹齢1千年を超えるのでは。どこかの神社のご神木の可能性もある」として、近く関係機関と調査を始める。

 同事務所によると、巨木は昨年9月の台風12号豪雨災害の直後に紀の川大堰上流約300メートル地点で見つかった。今年6月中旬に上陸した台風4号で川が増水しても流されなかったため、「かなり大きい。大堰につまると、水位調整ができなくなる可能性がある」として、7月26日に25トンクレーンで引き上げを試みたが、失敗した。

 予想以上の巨木とわかり、8月3日には70トンと50トンの2台のクレーンを投入。ワイヤが切れる一幕もあったが、午前8時から午後4時まで7人がかりで作業し、河川敷に引き上げることに成功した。

 巨木は重さが約40トン、幹回りが約12メートルもあり、同事務所は「どこから流れてきたのか全くわからない」と首をひねる。和歌山木材協同組合(和歌山市)からは「あんな大きな木は見たことがない。どこかの神社のご神木では」と連絡があったという。

 樹齢は幹回りから推測すると「1千年以上の可能性もある」(同事務所)として、県林業試験場(上富田町)など関係機関と協力して調査する方針。
(産経新聞より)
posted by カミガタ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。