2013年04月11日

エヴァの「ヤシマ作戦」に登場した貨車が模型で登場!

「ヤシマ作戦」といえば、「エヴァンゲリオン」でも有名なエピソードです。
エヴァ好きにはたまらない新製品ですね。

バンダイの「Bトレインショーティー」



「ヱヴァンゲリヲン新劇場」のヤシマ作戦での変圧器搭載貨車が発売!
鉄道模型「Bトレインショーティ」シリーズ、Nゲージ線路での走行も可能
バンダイは鉄道模型「Bトレインショーティ」において、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 シキ880(B2梁)形大物車(屋外形275kV超高圧通常変圧器搭載)」を発売した。価格は2,100円。
変圧器は貨車から取り外すことも可能。3個が付属している

 「Bトレインショーティ」とは鉄道模型のNゲージのサイズで、実在の車両に比べ長さを縮めたデフォルメモデル。組み立て式で別売りの動力ユニットを組み込むことで、Nゲージの線路の上を走らせることもできる。貨車などの動力を取り付けない車両向けの台車も販売されており、デフォルメスタイルながら、本格的な鉄道模型として遊ぶことも可能。

 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 シキ880(B2梁)形大物車(屋外形275kV超高圧通常変圧器搭載)」は、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」のクライマックスシーン「第6の使徒」を迎え撃つため、日本国中から電気を集めて陽電子砲で使徒を射貫くという「ヤシマ作戦」で使用された変圧器を搭載した貨車を立体化したものだ。

 この変圧器と貨車は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を象徴するオブジェクトの1つとして、劇場公開時ポスターにも描かれた。巨大な変圧器は日本中から電気を集めるという大がかりな作戦に独特の説得力をもたらす。実在の車両とは一味違う「SFメカ」としての雰囲気をもっている。

 劇中でこの貨車を牽引した実在の車両「DD51形」はBトレインショーティで発売されており牽引シーンを再現することもできる。さらに別売りの「Bトレインショーティー専用 走行台車[F](貨物用)」を組み込むことでNゲージの線路で牽引して走らせることも可能だ。

 バンダイナムコゲームスは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を題材としたプレイステーション 2/PSP用3Dアクション「ヱヴァンゲリヲン:序」を2009年6月に発売している。ヤシマ作戦も迫力たっぷりで再現しており、使徒との緊張感のある戦いを体験できる。
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。