2013年04月14日

東北沿岸の復興の様子をストリートビューで。Googleが今秋公開を目標に撮影開始

知ってますか。実はストリートビューは現在都市部ではほとんどの幹線道路はもちろん、脇道までサポートしてます。もちろん地方部でも主要道は見れます。
今回の東北のストリートビューは、東日本大震災の被害と復興の様子をつぶさに観察でき、意義深いものだと思います。Googleの地図でも被害や復興の様子はわかりますが、Googleストリートビューでよりリアルな風景が見れることでしょう。
その成果が多くの人や企業で活用できたらいいな、と思います。

GoogleストリートビューのAmazonサーチ



復興に向かう街の様子を「ストリートビュー」で記録、グーグルが撮影開始
グーグル株式会社は12日、東日本大震災で津波被害を受けた地域の「ストリートビュー」の撮影を開始したと発表した。今回の撮影範囲は主に岩手県、宮城県、福島県の沿岸地域。数カ月で撮影を終了し、今秋の公開を目指す。

 従来よりグーグルでは被災地のストリートビューを撮影・公開してきた。最近では、福島第一原発の事故の影響で自由に立ち入ることができない、福島県浪江町の「警戒区域」のストリートビューも撮影・公開している。

 これまでは被災した街や建物の姿を記録するものだったが、今回の撮影は、復興に向かう街の様子を記録することが目的だとしている。
(Internet Watchより)
posted by カミガタ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。