2013年04月23日

愛知県豊川市、個性的「いなり寿司」で町おこし。

ロードサイド店に客足が遠のき、衰退する中心街。
B旧グルメで町おこしを図ろうとする動きが高まっています。

この記事では豊川市でオススメのいなり寿司のお店として
・大将のイケメン息子さんがいる「千石寿し」
・2009年の第1回「豊川いなり寿司フェスタ食べ比べ選手権」優勝の「わさびいなり寿司」や「おきつねバーガー」がウリの豊川稲荷のド真ん前のカジュアルいなり寿司専門店「おきつね本舗」
・いなり寿司を地元名産の大葉でくるみ串揚げにした「大葉天ぷらいなり」でスナック的に楽しめる「来恩」
などお店ごとに個性的な商品作りが光ってます。
ぜひ愛知県豊川市の豊川稲荷の門前町に行っていなり寿司を体験してください!

B級グルメの通販、ガイド本



愛知県豊川市はいなり寿司の発祥地!? ユニークないなりたちが町を救う!
日本三大稲荷のひとつ「豊川稲荷」を擁する愛知県豊川市。いなり寿司はここ豊川市が発祥の地だとする説がある。そして今、いなり寿司が町おこしアイテムとして大進化を遂げているという。果たしてどんないなり寿司なのか!?

●B-1グランプリに向けて「豊川が、熱いなり。」
名鉄豊川駅から徒歩数分。豊川稲荷の門前町に到着すると、いきなり「豊川いなり寿司」ののぼりがバタバタとはためいていた。後で聞いた話によると、豊川市では「いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」というボランティア団体が発足し、ガンガン活動を展開しているそうだ。

こののぼりの立っている店は「豊川いなり寿司マイスター認定店」。全部で30店舗ほどが加盟しており、味にしのぎを削る中で、様々な店で「創作いなり」が生み出されている。

創作いなりを作る上で押さえておくべきポイントは、地元産の食材を使う「地産地消」。酢飯やコメなどにも各店独自の工夫がなされ、郷土愛とシッカリ結びついている。

そんな盛り上がりを受けて、ご当地グルメの祭典「第8回 B-1グランプリ」が豊川市で開催されることが決定した。2013年11月9日、10日の2日間、熱気ムンムンのバトルが豊川市を舞台に繰り広げられる。キャッチフレーズはズバリ、「豊川が、熱いなり。」だ。

(中略)

もりあげ隊が発行するパンフレット「豊川いなり寿司図鑑」には、加盟店舗以外の店も掲載されており、実に102店が紹介されている。

まずは図鑑を片手に豊川の街を「いなり寿司めぐり」してほしい。パワースポット豊川稲荷から飛び出した、「パワーフード・いなり寿司」の展開から目が離せない!
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。