2013年04月23日

近畿大学、紙の願書を廃止。ネットへ完全移行

懸賞への応募や、チケット購入にインターネット接続必須という例はこれまでありましたが、近畿大学は人生の運命を決める大学受験までついにネット完全移行しましたか。ペーパーレスですね。私が大学受験した頃はインターネットがまだ無く、書店に行くと、願書が大学ごとに山積みになっていたものですが、その風景ももはや過去のものになるでしょうね。エコの意味でも興味深いです。

こちらはまだまだ健在。大学受験の定番「赤本」



近畿大、紙の願書を廃止 ネットに完全移行へ
近畿大学は4月16日、2014年度入試から紙の願書を廃止し、インターネットによる出願のみに移行することを発表した。出願の完全ネット化は全国初としている。

 12年度入試で約3万部の願書が廃棄されたことから、13年度入試では紙の廃止を視野に、ネットで出願すると検定料を割り引く「近大エコ出願」を実施。この結果ネット出願件数は前年度の21.8倍に上る8万2030件と全体の64.4%を占めたため、「十分に浸透してきた」と判断、移行に踏み切る。

 ネット環境がない志願者に対しては、コールセンターによる電話受付などの代理出願方法も検討中という。

 同学の25年度入試の総志願者数は過去最高の12万6923人で、全国1位だったという。河合塾教育情報部長の近藤治さんは「近畿大学のように志願者数が多い大学の出願が完全ネット化することは、大学入試に与える影響が大きく、全国に広がることが予想される」とコメントしている。
posted by カミガタ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。