2013年04月27日

電子書籍の利用はAmazonのKindle急増、個人でもまだ3割弱がXP。ジャストシステムのアンケートより

Kindleの勢いは凄いですね。今はなんでもAmazonで買えますから、そのネットワークやコンテンツビジネスのノウハウを活かした強みが光ります。
XPはセキュリティの問題はあっても、長年慣れたインターフェイスは手放せないものです。Microsoftも押し付けではなく、選択できてデバイスにあったユーザーインターフェイスを用意してほしいものです。

AmazonのKindle



Windows XP利用者、3月末で28.7%、ジャストシステムのアンケート調査結果
株式会社ジャストシステムは10日、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」の3月度結果を発表した。サポート終了まであと1年となったWindows XPを3割近くの人が利用中であることが分かった。

 同調査は、ジャストシステムが提供しているインターネットアンケートサービス「Fastask」を利用して、3月29日・30日に実施したもの。対象は、Fastaskのアンケートモニターのうち15歳から69歳までの男女1100人(性・年代別に50人ずつ均等割り付け)。OSやウェブブラウザー、タブレット端末や電子書籍リーダー、インターネットサービスの利用状況などを聞いている。

 インターネットアクセスにデスクトップPC/ノートPC/タブレットPCを使っている人に現在利用中のOSを聞いたところ、Windows XPの利用者がまだ28.7%いたという。

 このほか、電子書籍の利用者が利用している電子書籍リーダーとしては、引き続きiPadの利用率が最も高く20.6%だったが、Kindleが2月の10.8%から大きく利用率を伸ばして18.3%となり、iPadに迫ったことなども報告している。
(PC Watchより)
posted by カミガタ at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。