2007年03月27日

アメリカで砂糖を使った電池開発成功

これはノーベル賞ものですね。
数年後は、普通の単3電池の中にも砂糖が入っていると言う時代になっているのかも知れません。
実用化が待たれます。



(ITmediaより)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
米セントルイス大学のシェリー・ミンティア教授らが、砂糖を動力とする燃料電池を開発した。炭酸飲料から樹液まで、糖分が含まれた液体であれば何でも利用でき、1度の充電でリチウムイオン電池の3倍から4倍持続するという。研究成果は3月25日、米国化学会(ACS)第233回全米会議で発表された。

 ミンティア教授はプロトタイプとして切手サイズの電池を用い、電卓を動かす実験に成功した。今後の実験で性能向上が認められれば、3年から5年で実用化できるとミンティア教授は言う。

 これまでの実験で、同教授は電池の動力源としてブドウ糖、気の抜けた炭酸飲料、粉末飲料を水に溶いたもの、樹液を使用、成功している。最も充電能力が高かったのは普通の砂糖を水に溶いたものだった
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by カミガタ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

米大学、砂糖電池を開発
Excerpt: これはノーベル賞ものですね。 数年後は、普通の単3電池の中にも砂糖が入っていると言う時代になっているのかも知れません。 実用化が待たれます。 (ITmediaより) −−−−−−−−−−−−−−..
Weblog: コンピュータの話題をBlogで
Tracked: 2007-03-27 10:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。