2007年03月28日

アニメ検定?!

国の方針としてもアニメの輸出に力を入れるということですし、アニメは日本の文化として、ここまで広がったともいえますが、ハテサテ、どうなりますことか。



(Impress Watchより)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本や世界のアニメーションに関する知識を検定する「全国総合アニメ文化検定試験」が2007年11月中旬に東京で実施されることになった。略称は「アニメ検定」。

 有料で受験する筆記試験をクリアして認定される1級〜5級と、携帯電話から無料でチャレンジできる「モバイル級 1等級」を用意。モバイル級は4月中旬より受験可能。4月下旬には公式サイトも作られ、5月下旬には公式テキストも発行される。

 アニメ検定は、アニメ検定実行委員会が主催するもの。監修として有限責任中間法人日本動画協会と、アニメ関連各社が参加を予定している。

 企画意図は「子供からお年寄りまで幅広い層をターゲットに、アニメファンの底辺拡大、最終的にはアニメクリエイターの育成までを視野に入れて展開する」としており、アニメの歴史や有名作品についての問題を用意。上級になるごとに裏話や豆知識、原作や楽曲などにも出題範囲が及ぶという。

 モバイル級は、携帯電話用の専用サイトから誰もが無料で挑戦できる。筆記試験の5級から3級までは飛び級受験が可能だが、2級は3級の合格者のみ、1級は2級合格者のみが受験可能。認定証も授与され、「アニメ博士号的にステータスを持たせたものになる」という。さらに、英語バージョンも検討されており、海外の受験も視野に入れた展開が予定されている。

 検定料は以下の通り(初回は3〜5級のみ実施)。

* 3級:4,700円
* 4級:4,200円
* 5級:3,700円
* モバイル級:無料
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by カミガタ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。