2007年04月08日

どんでん返しなく、無風で終わった統一地方選前半戦

全員現職か、その流れを引き継ぐ候補が当選。
つまり自民が勝った民主が勝った、という事ではなく、痛み分けですか(やや自民が勝ったかも知れないが)。

22日の後半もありますが、政治の動きはあまりなく、淡々と進んでいくことでしょうね。

それはそうとして、ディーゼル排除の石原氏の考えは理解できないのですが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000081-jij-pol
首都決戦、石原氏が圧勝=自民3勝vs民主2勝−現職知事が全員当選・統一地方選

(時事通信社)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第16回統一地方選前半戦の13都道県知事選、4政令市長選、44道府県議選、15政令市議選が8日、一斉に投開票された。焦点の東京都知事選は、自民、公明両党から支援を受け3選を目指した現職の石原慎太郎氏(74)が、民主党などが支援する元宮城県知事の浅野史郎氏(59)らに圧勝した。東京のほか自民・民主対決となった知事選では、自民系現職が北海道、福岡を制する一方、民主系は岩手、神奈川で勝利し、自民の3勝2敗となった。このほかの知事選でも現職の強さが目立ち、出馬した9氏すべてが当選した。政令市長選のうち対決型の札幌は、民主などが推薦する現職が再選を決めた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by カミガタ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。