2007年04月09日

日本国憲法の作成に大きく関わった日本人の物語

セミ・ドキュメンタリーの形式ですね。

憲法改正論議で、GHQから押し付けられたという意見が強い中、憲法制定時、内容に大きく関わった日本人がいるということは、知っておきたい話だと思います。

映画:憲法に影響与えた鈴木安蔵氏テーマに 「日本の青空」試写会 /北海道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000133-mailo-hok

(毎日新聞より)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本国憲法の起草に影響を与えた憲法学者・鈴木安蔵氏をテーマにした映画「日本の青空」の試写会が、18日に札幌市中央区の共済ホールで、19日に旭川市民文化会館でそれぞれ開かれる。憲法改正に反対する有志らでつくる「映画『日本の青空』北海道上映支援センター」主催。同センターは5月以降、札幌、旭川、函館など全道で自主上映会の準備を進めている。
 同作品は、映画関係者や市民の賛同者から製作費2億円を集めて制作に着手し、先月完成した。女性雑誌記者が鈴木氏の娘を取材し、鈴木氏の日記から憲法成立の真相に迫るという筋立て。映画の中で、鈴木氏ら民間知識人による「憲法研究会」が45年12月、連合国軍総司令部(GHQ)と政府に憲法草案要綱を提出。国民主権や男女平等を明確に打ち出し、新憲法の基礎となったことを明らかにしていく。
 配給会社「プリズム」の岡村雄二映画事業部長は「憲法はGHQからの押し付けでない。この映画を多くの人に見てもらい、憲法を変えようとする動きを止めたい」と話す。
 試写会と自主上映会のチケットは前売り1200円、当日1500円。日程などの詳細は支援センター011・209・0011。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by カミガタ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。