2014年02月09日

40インチが11kg、32インチが6.5kg、軽い! シャープ液晶テレビAQUOS H11

今回のシャープのAQUOS(アクオス)の液晶テレビH11シリーズは、40インチで11kg、32インチで6.5kgの軽量化を達成してるのがウリです。
部品削減と狭額縁化で実現できました。驚異的です。

今持ってる4年前のソニーのブラビアV5の40インチは20kgの重さ、買って据え付ける時、持ち上げるのがやっと。額縁も大きかったです。
それを思うと4年の進歩は本当に凄いなと思います

AQUOS(アクオス)H11の40インチの年間消費電力は77kWh/年と4分の3です。当時驚異的だったブラビアV5の105kWh/年の4分の3とこちらも「スリム化」。

アナログTVに外付けチューナーを付けて使っている人への買い替えとしてオススメしたいですね 。AQUOS(アクオス)H11シリーズは。





シャープ、狭額/軽量化した直下型LEDの40/32型「AQUOS H11」
シャープは、狭額化/軽量化した液晶テレビ「AQUOS H11シリーズ」2機種を3月1日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は40型の「LC-40H11」が9万円前後、32型の「LC-32H11」が6万円前後。

 2013年10月発売の「LC-32H10」と比較して、フレームをスリム化するとともに、部品の削減などにより約28%の軽量化を実現。前面のフレームやスタンドカバー部には光沢を抑える加工を施し、質感を高めている。

 パネル解像度は、40型が1,920×1,080ドット、32型が1,366×768ドット。光源は直下型LEDバックライトを採用している。テレビコントラストは200万:1、視野角は上下/左右176度。

 チューナは地上/BS/110度CSデジタル×1。別売のUSB HDDへの録画機能を備えており、バッファローの長時間録画対応HDD利用時には、約3〜4倍の長時間録画が可能。2画面表示機能を備え、BDレコーダなどの外部入力映像と、テレビ放送を同時に表示できる。

 5W×2chのステレオスピーカーを搭載し、3cm×10cmのフルレンジユニットを採用する。入力端子はHDMI×2と、D5×1、アナログRGB(D-sub 15ピン)、コンポジット、USB、Ethenet端子を装備。HDMIの1系統はMHL兼用となっており、MHL対応のスマートフォンで撮影した写真や動画をAQUOSに出力できるほか、テレビに映像出力しながらのスマホ充電に対応する。ヘッドフォン出力も装備する。

 消費電力は40型が約92W(年間消費電力量77kWh/年)、32型が約64W(同41kWh)。いずれも待機時は0.1W。外形寸法は40型が92.6×20×60.3cm(幅×奥行×高さ)で、重量は約11.5kg。32型が73.3×17×48.8cm(同)、重量は約6.3kg。
(AV Watchより)
posted by カミガタ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。