2007年04月20日

なくならない暴力団と警察の癒着利権-長崎市長襲撃暴力団偽装解散→再結成

結局組織が大事って事でしょうね。
暴力団も警察も。
「指定暴力団」という名目で、監視しながら癒着するので、なくならないのでしょうね。暴力団による利権は。

参考になる本です
  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070420-00000017-nnp-soci
容疑者所属暴力団 解散直後に再結成 事件関与? 不審車両目撃証言も

以下、西日本新聞より
長崎市長射殺事件で、逮捕された城尾哲弥容疑者(59)の所属する指定暴力団山口組系水心会(長崎市)が、事件発生の翌日、組の解散届を長崎県警に提出しながら、名称を変えて再結成の動きを見せていることが19日、分かった。選挙運動中の市長を背後から銃撃するという前代未聞の犯行に市民の憤りが高まる中、県警捜査本部は地元暴力団が組織温存を狙った「偽装解散」の可能性もあるとみて調べている。

 また、捜査本部は、事件当時、現場近くに水心会関係者の車両に似た車が止まっていたとの目撃証言もあり、同会トップの会長や、城尾容疑者の運転手役とみられる組員からも事情聴取。組織的関与がなかったか調べている。城尾容疑者は、動機など核心的な部分については「黙秘します」などと話しているという。

 関係者によると、水心会の会長が事件翌日の18日、県警本部を訪ね「会員(城尾容疑者)の責任を取り、解散するとともに引退する」との解散届を提出した。

 しかし、会長代行だった城尾容疑者に次ぐ幹部が中心となり、名前を変えて組織の再結成を計画。山口組総本部(神戸市)と連絡を取りながら、福岡市にある山口組系組織の傘下となる方向で準備。解散前にいた数十人の構成員らの大半が、新たな組織に移る動きを見せているという。

 一方、城尾容疑者は17日夜、長崎市の選挙事務所前で伊藤一長市長を背後から銃撃した際、計28発の実弾を用意していたことが判明。捜査本部は19日午後、容疑を殺人と銃刀法違反容疑などに切り替えて送検した。


posted by カミガタ at 14:44| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 なるほど。やはりそういう方向に打って出ましたか。
 学習能力の無いチンピラですから、その程度の行動しか出来ないのでしょう。
 警察と暴力団というキャッチフレーズは聴く留まらずと言った所です。
 実際に暴力団から上納金を貰って組員を釈放してしまったトンチキ警官が書類送検された不祥事もあったきがしますし、その他にもいつだったか、北海道の警察が裏金造りの事で300人ほど処分された件がありましたねぇ。
 警察の裏金の一つに「首なし拳銃」という物があるようですが、大体拳銃なんてものは警察か暴力団しか持っていなものですから、恐らく地回りの暴力団に
 「拳銃を上納しろ。そしたら組員の不正を見逃しちゃる。」などとぬかして上納させているのでしょうねぇ。
 警察署の壁にはこれ見よがしに「追い払え、暴力団は街の敵」なんて言うたいそうなスローガンを掲げてますが、所詮はやる気なしのハッタリです。
 治安維持をするために組織された警察ですら、郵便局強盗しでかしたり暴力団と癒着したりとこの有様。
 日本の安全神話を崩壊させた張本人は現代のふぬけた警察どもなのでは?
 そうともなれば暴力団とまとめて警察も追放しないといけないような気がしますが、違法性の強い暴力団ですらなかなか追放出来ない状態にありながら、警察なんて国家権力を追放する事など逆立ちしても無理ではないですか(はっはっは)。
 とうとう日本の治安は腐敗しきるところまでしきってしまったのでしょう。
Posted by Chain Hobergeon at 2007年05月08日 07:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。