2007年05月01日

讃岐うどんブームの陰で、ゆで汁大量排水で瀬戸内海の水質が大ピンチ

個人的には規制は当たり前、と思っています。
ブームでコレだけ有名になって、一つの所に同じ排出物をだす業者が集中(言葉は悪いが)するという事は、瀬戸内海の許容量を越えてしまっているわけで、「同じものを食いすぎると毒になる」状態に瀬戸内海が陥っているということになります(海の中の栄養分が偏る「富栄養化」が進む)。
これだけ有名になったわけだし、大事な産業なのだから環境対策も県も協力して、汚水処理装置の設置に向け、しっかり開発・働きかけの両面から進めていって欲しいものです。
その糖分から新たな食品やエネルギーを作り出すという方法もありますね。一石二鳥でしょう。

大ブームの中公開された話題の映画「UDON」。讃岐うどんをテーマにしています
  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000020-san-soci
讃岐うどんに「環境」の壁 ゆで汁大量排水「名産品」ピンチ 香川県

(産経新聞)
一大ブームとなった讃岐うどんに「環境問題」という逆風が吹いている。県内にうどん店が約1100店もある本場、香川県で、ゆで汁の大量排水が問題化。「名産品で環境汚染」という事態にもなりかねない状態だ。このため、イメージダウンを避けたい同県では独自の条例制定を検討。大学と連携した排水処理装置の研究・開発にも乗り出している。

 同県のうどんの生産量は、昭和55年度は約1万7000トンだったが、「讃岐うどんブーム」にわいた平成15年度は約6万7000トンと4倍近くまで増加。17年度も約6万1600トンに上った。

 しかし、ブームの副産物として「排水問題」が浮上した。うどんを直にゆでた汁は原料のでんぷんなどを多く含む。水質汚染を示す化学的酸素要求量(COD)では、うどん店の排水は平均で1リットルあたり1000ミリグラム。一般家庭の排水の約10倍の濃度で他の飲食店と比べても倍近くある。

 同県のうどん店の多くは、1日の排水量が50トンに満たない既存の小規模店。大規模店に排水処理を義務づけた水質汚濁防止法や、13年4月以降の新設店が対象となる浄化槽法の適用を受けない。このため、排水がそのまま用水路に流れ込むケースがあり、ブーム以降、排水への苦情が県などに寄せられるようになったという。

 県はこれまで、排水対策マニュアルを策定するなど店側に自主的な対応を促してきたが、大きな改善が見られず、本格的な対応が必要と判断。昨年10月から新たな規制を設ける条例制定の準備を進めている。

 条例では、排水の汚濁基準や浄化槽導入の義務化などの対策のほか、罰則規定を想定。20年度の施行を目指している。

 一方で、小規模店にとって浄化槽の設置は場所や購入費が難点。このため県は2年前から香川大と共同で、安価で小型な処理装置の開発に着手。ゆで汁に含まれる糖などのリサイクルにもつながる装置を目指している。

 県は「ブームに水を差さないような対策を進めたい」と意気込む。県内のうどん業者も「自分たちの排水で瀬戸内海を汚すわけにはいかない」と理解を示す一方、「小規模店にとって規制は厳しい」との声も聞こえる。


posted by カミガタ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。