2007年05月07日

エキスポランドの全遊具で金属疲労の検査が一度もなかった!

これは大変な問題になりそうです。
エキスポランド自体が果たしてどうなるのか。
今までのツケが一気に来た感じです

  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000076-jij-soci
金属疲労、一度も検査せず=コースター含む全遊具で−エキスポランド捜索・大阪

関連記事です
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070507-00000001-maip-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000002-maip-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000015-san-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000082-sph-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000009-mai-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000002-yom-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070507-00000008-jij-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070505-00000012-yom-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000002-yom-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070505-00000062-mai-soci

大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」でジェットコースターの車両が脱線し、女性1人が死亡、19人が重軽傷を負った事故で、エキスポランドは6日、事故が起きた「風神雷神II」を含む園内すべての遊具で、金属疲労の検査を1度もしていなかったことを明らかにした。脱線車両の折れた車軸が金属疲労を起こしていた可能性もあり、同社は「判断が甘かった」と謝罪した。
 府警吹田署捜査本部は同日、業務上過失致死傷容疑で園内の同社本社を家宅捜索し、点検記録などを押収した。現場検証や関係者への聴取を続け、事故原因の特定を急ぐ。
 同社によると、車軸は直径約5センチの合金製で、ナットで締められた部分で折れていた。部品は1992年の運用開始から1度も交換しておらず、金属疲労の検査もしていなかった。 


posted by カミガタ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。