2015年10月20日

図書館の配架問題、お金、人材育成、地域コミュニティの場づくり問題。朝日新聞のツタヤ図書館記事から

http://www.asahi.com/articles/ASHBL6QB3HBLUCVL00H.html
ツタヤ図書館問題。
朝日新聞が海老名図書館を取材して、、CCCの図書館カンパニー社長で、海老名の館長も務める高橋聡氏に取材されています。

ようやくCCC側の現場の中の人の顔が出てきた。全体的には丁寧な好記事。
※ただし、棚の高さや、旧図書館の郷土書類を廃棄には触れられてないのはどうかな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・高橋聡氏は、「今すごく迷っています。良かれと思ってやっていることがどんどん否定されていくので……」とこぼす

・全國図書館大会でのツタヤへの登壇者の意見の様子が

・CCCは独自のジャンル分けを導入。海老名では当初、東野圭吾の小説『手紙』が「手紙の書き方」の棚にあるなどしたため、利用者から「本が探せない」という指摘が相次いだ。
・海老名では、料理本の書架には食材や調味料別に図書が配置され、「カフェごはん」という項目もある。高橋氏は「生活シーンに合わせた分け方」
※一見良いように思うけど、本屋みたいに変更がかかるとリピーターには混乱するよな

・武雄では昨年、120以上のイベントを実施。本の販売も絡めた著者のトークショーや、子ども向けバリスタ講座での調べ学習、朝ヨガなどに約7千人が参加した
・「図書館は本だけではなく、集まった人やそこで起きていることからも学ぶ場所だと思う」

・CCCの図書館事業は、武雄の来館者が予想を上回ったため人件費が増え、カフェや本の販売収益では採算が合わず(という)、2年連続赤字となった
・高橋氏は「今後も続けていきたい。都道府県に一つくらいこんな図書館があってもいいんじゃないか」

・慶応大学の糸賀雅児教授「空間作りにこだわりすぎると、選書や排架といった図書館の生命線がゆがんでしまう恐れがある」と指摘。一方、地域の課題解決のための本をそろえたり、人材育成の拠点づくりをしたりといった「時間はかかるけれど必要な役割」を軽視してきた、これまでの図書館のあり方も問題だと言う
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<以上で分かること>
CCCの武雄や糸賀教授の指摘でも触れられていることだけど、図書館で黒字は難しいし、一方で人材、場作りは必要。
人材育成や拠点作りにはお金と「エイヤ!」がかかる。
それを図書館側が、地元がやるかが重要。
ツタヤや他の図書館、自治体が指定した管理者だけでなく、図書館界、自治体自体や地域の人も考える必要がある課題だと言えるだろうね。
posted by カミガタ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。