2015年11月26日

「Raspberry Pi」新製品は何と5ドル。超小型コンピューター

IOTが最近話題になっています。それを引っ張るハードがミニコンピュータ「Raspberry Pi」。
今まで2500円余でしたが、今度出る「Raspberry Pi A+」は何と5ドル!
素晴らしいの一言です。

開発元のコメントも
「途上国ではコンピュータは多くの人々にとってぜいたく品」
「Raspberry Pi A+は現在、日本では2620円だが、それでも手が届かない多くの人々がいるとして低価格化に取り組んだ」
泣かせるじゃーありませんか!

「Raspberry Pi」はこちら




たった5ドルの超小型コンピュータ「Raspberry Pi Zero」登場

価格を5ドル(約610円)にまで下げた超小型コンピュータ「Raspberry Pi Zero」が登場した。
英非営利団体のRaspberry Pi Foundationは11月26日、価格を5ドル(約610円)にまで下げた超小型コンピュータ「Raspberry Pi Zero」を発表した。

 1GHz動作のARM11コアによるBroadcom BCM2835、512Mバイトメモリ、microSDメモリーカードスロット、mini-HDMIポート、microUSBポート、拡張端子などを搭載。サイズは65×30×5ミリと、Raspberry Piとしては最小だ。従来のRaspberry Piと同様、ScratchやMinecraftといったアプリケーションが動作するとしている。

 Raspberry Piは安価な超小型コンピュータとして登場(Raspberry Pi A+は現在、日本では2620円)したが、「それでも途上国ではコンピュータは多くの人々にとってぜいたく品」。価格がネックになり、Raspberry Piに手が届かない多くの人々がいるとして低価格化に取り組んだという。
(ITMediaより)
posted by カミガタ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。