2015年12月28日

ビックカメラ系列からコスパ抜群のWindows10タブレット登場!

旭エレクトロニクス製、ビックカメラグループ(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)が独占販売のWindows 10タブレットが発売されました。ブラックモデル「SG080iBK」とシルバーモデル「SG080iSL」の2種類です。
PC Watchより

WindowsタブレットやスティックPCは、各メーカーから販売されていて、IntelのAtom Zで差別化難しいですが、この機種はコスパ高いです!

タブレットの場合、2015年末時点で大体はストレージは32GBのものが多いです。これだとWindowsだけで5GB以上取られるので、色々あって20GBあまりしか実際使えません。ソフトや写真・音楽を入れると、データ退避の頻度が多くて大変です(実際マルチメディア系を入れなくても128GBが本当はギリギリというのが体感です)。
それに安いタブレットは(10000円以下のものもありますが)メモリが1GB(ストレージも大概16GB)。これでは起動してしばらく触っていると、すぐに重くなります。

今回のビックカメラ系列タブレット「SG080iBK」と「SG080iSL」は、まずストレージが64GBあります。これならWebブラウジングだけでなく、写真や音楽、Officeソフトやデータ、少しくらいなら動画も持ち歩けます。

さらに液晶は8インチでIPS方式の1920×1200ドットと比較的高解像度! 格安・激安タブレットはTNという格下の液晶のものもありますが、IPS方式は最高ランクです。

メモリも2GBで標準的。

もうひとつ、無線LANやBluetoothはもちろん、GPSが内蔵しています。これで地図サイトや地図アプリも安心。カーナビとしての用途もありです!

これで税込でも20000円弱で買えて、ビックカメラやソフマップ、コジマのビックカメラ系列ポイントが10%付きます。国内保証もあって、延長保証も付けられます(むしろ使い倒す方がおいしい)

唯一気になるのは解像度が高いため、タッチパネルがそれに追随できるかです。
それを確認の上、問題なければこの製品は間違いなく「安定した買い!」と言えるのではないでしょうか
posted by カミガタ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431807701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。