2016年05月05日

シャープの「プラズマクラスター」コードレスサイクロン掃除機にも

昔ながらの横型タイプからコードレススティックタイプへと売れ行きがシフトしている高級タイプの掃除機。
吸引したゴミはカップで集めますが、シャープの新製品コードレスサイクロン掃除機「FREED」の新製品、「EC-SX520」(発売は5月下旬予定)には、プラズマクラスターを導入して静電気を除去。カップ内のゴミの吸着を抑える効果があります。

シャープのコードレスサイクロン掃除機「FREED」


プラズマクラスター関連製品


ASCII.jpの記事では、発泡スチロールを吸い込んで試しており、プラズマクラスターありのカップはほとんどカップ自体に吸着していません。

他にもEC-SX520は
・ひとつの吸引口で床と壁際どちらのゴミも吸いやすい「高圧吸引ノズル」(軟質バンパーをヘッドに付け、壁際を吸引時に、バンパーを壁にあわせて変形、密閉度向上→吸引部が高圧化)
・業界で初めて専用モータによる電動アシスト機能「e-ドライブ」を搭載
※吸着度=密着度アップによる操作性の重さを軽減
・自立時、自動で吸い込みストップ→本体を倒して手に持てば自動でオンに
・「赤外線ゴミセンサー」搭載。床の汚れやゴミの量によってパワーをコントロール
・バッテリーが2つ同梱。バッテリー切れ時にもすぐ交換できる
など多機能です。

値段も予想実売価格で85000円前後と結構しますが、楽して時間と労力短縮をお金で元を取ると考えれば、検討に値するのではないでしょうか
posted by カミガタ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。