2007年06月22日

ポーランド首相「ナチス侵略なければ人口2倍発言」

「過去の事で、今は関係ない」というのも簡単でしょうし、
「ばかげている。歴史を持ち出す場合ではない」というのも分かりますが、やられた側からいうと、それは難しいでしょうね。気持ちは分かります。

ポーランドを納得させて、「政治的配慮」を解消した新たな取り決めができるといいな、と思います。
そのためには、ポーランドの気持ちに配慮した進め方が大事だと思います。

それとは直接は関係ないですが、「人口比」でというのは一見孝平には見えますが、リヒテンシュタインとかルクセンブルグとか小国にとってはどうなのでしょうか。発言する機会がなくなるような気がしてならないのですが。
小さな地域、国家をリスペクトする気持ちがないと、ヨーロッパの居心地の良さが失われるようで、嫌な感じがします。
大国主義に走ってしまいそうで、そちらの方が私には危惧してしまうのですが。

(毎日新聞より)
<ポーランド首相>ナチス侵略なければ人口2倍…発言が波紋

第二次世界大戦でナチスの侵略がなければ、ポーランドの人口は約2倍だった――。ポーランドのカチンスキ首相が地元ラジオで行った発言が、欧州憲法の再生を目指す新条約を検討するため、ブリュッセルで開催中の欧州連合(EU・27カ国)の首脳会議で波紋を呼んでいる。多くのポーランド人がナチス・ドイツの犠牲になった大戦を理由に、歴史的に対立する議長国・ドイツをけん制したと受け止められている。
 ポーランドの人口は約3800万人。EUが多数決を行う場合、政治的妥協でポーランドには人口8200万人のドイツとほぼ同数の票数が与えられている。新条約では、各国の人口比をより正確に反映して票数を再配分する方針だが、ポーランドは現在と同じ票数を求め、交渉の障害になっていた。
 カチンスキ首相は「失ったものを取り返すべきだ」と、要求理由を説明した。各国首脳は21日、「ばかげている。歴史を持ち出す場合ではない」(デンマーク)などと一斉に反発。交渉取りまとめを目指すドイツのメルケル首相だけが言及を避けた。


posted by カミガタ at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。