2007年07月29日

シュートのスピードアップが重要、サッカー日本代表

いろいろ理由はあろうが、この試合を見て一番感じたのは「シュートの決定力」でしたね。

「シュートの精度」という言葉はよく言われてますが、自分はむしろ「シュートしたボールのスピード」=「破壊力」の強化こそ、決定力不足を補えるものだと思います。

PK戦で韓国の選手の方がキックにスピードがありました(日本のキーパー川口は、方向的には反応できていたのに、スピードがそれを上回った)。
一方日本の選手はPK戦に弱い韓国のキーパーに助けられて入っただけ。
羽生一人を攻めるわけには行きません。

決定力のあるキックが強いストライカーを養成することがこれからの日本の課題と言えるでしょう。

(デイリースポーツより)
大荒れ日韓戦…日本PK負けで4位

サッカーのアジア・カップ第15日は28日、バレンバン(インドネシア)で3位決定戦を行い、日本代表はライバルの韓国代表と対戦、0-0のまま延長PK戦に突入するも、5人で決着がつかず、サドンデスとなったが5-6で敗れ、4位となり次回2011年大会の予選免除の権利を逃した。立ち上がりから白熱した展開で、後半10分すぎには、DF姜敏寿の退場をめぐって韓国のピム監督と洪明甫コーチら3人がバドワウィ主審から退席を命じられ、延長前半には両チームが小競り合いとなる荒れた試合となった。
 FW羽生のシュートが相手GKにはじかれた瞬間、日本の4位が決まった。疲れきった体と、かろうじてつなぎとめた気持ちでは、120分間で勝利をつかめなかった。
 前半からMF遠藤、鈴木、DF加地らがミスを連発した。韓国の激しいマークにも苦しみ、危険なカウンターを受ける場面が目立った。今アジア杯の最後となる試合でPK戦に突入。5人全員が成功させたが、最終的には韓国選手の精神力に屈した。
 転機は後半11分だ。姜敏寿がこの日2度目の警告で退場。これに抗議したピム監督、洪明甫コーチらも退席させられた。だが、韓国側の自滅にもペースは上がらず、後半23分にはFW高原がシュートミス。同28分には途中出場のMF羽生が至近距離からシュートを放つが相手GKの好セーブにも阻まれた。オーストラリア戦と同様、数的優位となった約35分間をふいにした。
 準決勝敗退直後、主力組の疲労とモチベーションの低下を懸念し、先発大量入れ替えを明言した。だが、結果はFW巻をMF山岸に代えるだけにとどまった。「選手はどんな状況でも試合に出たいという。立派です。だが気持ちを満足させるために試合に出していいのか。夜中起きて薬をのみながら考えます」。悩んだ末に出した結論は、闘志衰えぬ主力組の起用。27日のミーティングでは「オレが責任をとる。明日の試合に集中しろ」と伝え、その思いに乗った。だが、AFC側の手配ミスもあっての2日がかりの移動、宿舎の手配ミスなどによる蓄積疲労は予想を超え、宿命のライバルを超えることができなかった。


posted by カミガタ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。