2007年11月20日

中国のパンダ自然保護区が笹枯れで食糧不足に

13日発売の東京スポーツによると、野生のジャイアントパンダ1200頭が保存されている中国・四川省の「パンダ自然保護区」がパンダのエサになる笹が取れる竹林が枯れ果てたため閉鎖されたそうです。

しかし、枯れる前に何とかならないのか?
どうもこれは自然の摂理のようで。

竹は60年周期で再生する植物で、今年がその枯果てる年に当たるそうです。
竹林が再生するまで10〜20年掛かるという事です。

パンダは同省にある別の森に移動中という事で、一安心。

自然を保護するために(という名目で=極端な話、人間の生活を保護するために)人間がコントロールすると言う事は、この件だけ見てもなかなか難しい気がします。



posted by カミガタ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。