2007年11月23日

あれからの「鉄カフェ」

7月にこのブログで取り上げた「鉄カフェ」。
このキーワードで検索して当サイトを訪れる方が相変わらず多く、その後どうなったんだろうと興味を持って調べてみました。

すると、「08年ヒット予測」として日経トレンディ12/1号にも取り上げられていました。
おそらく各地に同様の設備ができて、鉄道模型で遊んで楽しめるようになる、と日経トレンディは見ているのでしょう。

お店は天王寺店に加え、堺店が新規開業。
北新地には、土日限定で「恋道路」(レトロと呼びます)というお店で、ディナーが楽しめる姉妹店もできたようです。(URL

サーロインステーキセット5000円とか、完全に夜の特別な食事を狙っている店だとわかります。

最近団塊の世代の引退と共に、それを狙った鉄道模型雑誌・ムック類が多く出ており、鉄道模型業界は何回目かの盛り上がりを見せているようです。

「恋道路」もそんな人たちの取り込みを狙っているんでしょうね。

「鉄道」は身近にある人間の永遠のテーマ。
切っても切れないものだと言えそうです


posted by カミガタ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(1) | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

鉄カフェ、大繁盛。北新地、岸和田店もオープン!
Excerpt: 5月に天王寺で「鉄カフェ」という鉄道模型のモジュールを置いて、飲食しながら遊ぶことが出来るカフェができたのですが、評判は上々のようで、マネージャーの藤川梨絵さんのブログによると、あれから初のフランチャ..
Weblog: 買物ステーションBlog
Tracked: 2007-11-23 18:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。