2008年01月06日

富山県赤いコシヒカリを開発。ポリフェノールで発ガン防止効果も期待

これはびっくりですね。
健康にもよさそうなので、色はともかく日本人の米の摂取量が減ってるだけに、新たな米のブランドとしてウリにしてほしい。

「赤い」というとガンダムのシャアを連想してしまいます。
「シャア米」として売り出すのはどうかな。
「3倍うまい」とか^^

コシヒカリや古代米「緑米」のショッピング
  

富山県は、品種改良で「赤いコシヒカリ」を開発した。

 赤飯のような色合いとコシヒカリのおいしさを併せ持つのが特長で、新年度から試験的に販売する。県は、「おめでたい席にいかが」と売り込んでいる。

 県農業試験場が8年かけて交配を繰り返し、古代米「赤米」の遺伝子をコシヒカリに取り込むことに成功した。コシヒカリの遺伝子を98%受け継いでいるために赤米に比べて色つやや味も優れているうえ、がん予防などに効果があるとされるポリフェノールを多く含んでいるという。栽培法や炊き方は一般のコメと同じ。

 ただ、通常のコシヒカリと同じ時期に穂が出るため、自然交雑しかねないという課題も残る。試験場はもみに色を付けて離して栽培するよう促したり、穂が出る時期をずらしたりする改良を進め、3年ほどで本格的な栽培を目指す。


posted by カミガタ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(1) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

古代米の遺伝子を取り込んだ「赤いコシヒカリ」開発。がん予防効果も?
Excerpt: コシヒカリに新種登場。 これは楽しみです。 「おめでたい席」だけでなく、がん予防などに効果があるとされるポリフェノールが入っているので、普段でも食べてみたいですね。 コシヒカリや古代米「緑米」のシ..
Weblog: サイエンス好き!
Tracked: 2008-01-06 00:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。