2008年01月11日

「松下」「ナショナル」を捨てて「パナソニック」に会社名を変更

これにはびっくりしました。
「松下」で通りがいいので、それで当たり前と思っていたものがくつがえされるわけですから。
もっとも、これは日本国内だけで通用するもので、海外では白物家電も「パナソニック」。世界的なブランドとしては「パナソニック」で「ナショナル」は島国の中でのブランドに過ぎないのです。
日本だけは独自の路線では行けない、と松下の経営者側はグローバルスタンダード的なものの考え方を持っているようです。

しばらくは違和感がぬぐえなさそうです。

そういえば、月曜夜8時のナショナル劇場はどうなるんでしょうね。
「♪明るいナショナル〜」の三木鶏郎作曲のテーマ曲も変更でしょうか?
電車に乗ったら、「水戸黄門」の新番組開始のポスターがあって、「National」のブランド名も書いてあったので、気になります。

「世界標準」パナソニック製品


(産経新聞より)
松下電器産業、社名をパナソニックに 72年の歴史に幕

松下電器産業は10日、世界的なブランド力を強化するため、社名を「Panasonic(パナソニック)」に変更する方針を明らかにした。ブランドも国内向けの冷蔵庫や洗濯機など白物家電で使用してきた「National(ナショナル)」ブランドを廃止し、パナソニックに一本化する。“経営の神様”と呼ばれた故・松下幸之助氏が大正7年に創業して以来、90年にわたって使用してきた「松下」を社名から外す。

 同日午後、大坪文雄社長が大阪府内で記者会見して発表する。今年6月の株主総会に定款変更議案を上程し、承認を得て10月にも社名変更する。

 同社は平成21年度までの3カ年の中期経営計画(GP3計画)で、グローバル・エクセレンス(世界的優良企業)への“挑戦権”を獲得することを掲げ、海外売上高の大増販を通して収益構造などで海外シフトを鮮明に打ち出している。

 このため、真のグローバル企業を目指すうえで海外で「松下」以上に浸透している「パナソニック」に社名やブランドを統一することが、企業イメージや世界的なブランド力の向上につながると判断した。

 同社はこれまで、ブランドについては、プラズマテレビなどデジタル家電や海外向け商品では「パナソニック」、国内向けの白物家電などで「ナショナル」と使い分けてきたが、昭和2年に発売されたランプに名付けられて以来、国内で親しまれてきた「ナショナル」ブランド名が姿を消す。

 「松下」「パナソニック」「ナショナル」など分散する企業とブランドイメージを統一することで、競争が激化する海外市場での存在感を増すことを目指している。


posted by カミガタ at 06:28| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

白物家電も10月からは「パナソニック」。「ナショナル」ではない
Excerpt: 「ナショナル」はもはや島国日本だけのローカルブランドで、世界で売っていくためには仕方のない変更とはいえ、やはり違和感が…。 電車に乗ったら、「水戸黄門」の新番組開始のポスターがあって、「Nation..
Weblog: 家電ニュース・買物ステーション版
Tracked: 2008-01-11 06:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。