2008年01月24日

あぐらを組めたり正座をできたり…コクヨが「本音チェアー」試作

コクヨから試作品が展示された「本音チェアー」これは面白そうな製品です。

座面が広いというのがポイントで、座面の上であぐらを組めたり、正座できたりすることができるのは魅力です。

これでオフィスワークが非常に楽になりますね。
姿勢をいろいろ変えることで、腰や骨への負担も少なくすることができるのではないでしょうか

  

(ITmedia Biz.IDより)
「本音チェアー」で仕事する――立てヒザ、あぐら、正座もできる

職場を見渡してみると、意外とさまざまな姿勢で仕事をするビジネスパーソンを発見できる。ちゃんと座って仕事している人、うつぶせで寝ているように見える人、椅子の上に足を抱えて仕事をするようなお行儀の悪い人もいる。

 行儀やマナーの話をすれば、もちろん背筋を伸ばして椅子にちゃんと座ったほうがいい。でも、効率の求め方は人それぞれ。外回りの場合はまだしも、社内にいる時ぐらいは自由な姿勢で仕事をしてもいいだろう。時には足を抱えて仕事をした方がはかどる人もいるかもしれない。

 そんなビジネスパーソンの“本音”の姿勢を研究したというのが、コクヨと慶応大学理工学部の山崎信寿教授が共同で開発した試作品「本音チェアー」なのだ。1月17日、18日に都内で開かれた「2008 コクヨフェア」で展示していた。

 この本音チェアー、通常の座面よりも広い面積を確保しており、座面の上であぐらを組めたり、正座できたりするのが特徴。アイデアに行き詰ったとき、あぐらを組んでひらめく――なんてこともありそうだ。

 さらに本音チェアーは、座面が前方に延びるので、ヒザを立てて体育座りのような格好もできる。足を抱えて仕事をする人にとっても、ぴったりかもしれない。

 一点だけ気になる点もあった。それは脚が回転しない。本音チェアーは座面が前方に延びるため、重心位置が移動する。そのため、通常のワーキングチェアのように回転すると、重心が移動した際に不安定になってしまうからだ。

 本音の姿勢で仕事ができる「本音チェアー」。現時点では試作段階だからか、あぐらを組みながら、回転する――ことはできないが、姿勢の悪い筆者にとっては、商品化が待ち遠しいワーキングチェアだ。


posted by カミガタ at 06:40| Comment(0) | TrackBack(1) | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日本人の姿勢を矯正する「猫背が直るイス」登場
Excerpt: 12/28付の東京スポーツの記事より。 「アーユルチェアー」「アーユルエッグ」が、農耕民族で日本人にあった座骨を意識した座り方をさせ、猫...
Weblog: 健康・美容の話題
Tracked: 2008-01-24 06:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。