2008年01月27日

多くの疑問があるアメリカのスパイ衛星落下ニュース

何で何かあったときに、安全な所で大気圏と外との境に落として燃えるように制御する仕組みにしないんだ。
いくつかの衛星はそのように制御され、うまく燃やしたというニュースも聞いたことがあるので、このスパイ衛星もできるはず。
アホか、と。
ましていつ電池が切れるかは分かっていたことでしょうに。

あと、何故「スパイ衛星」なのに、落下するということがバレたんでしょう。機密の面で言っても不味いのではないか、と。

(時事通信より)
スパイ衛星、2月に地球へ落下=米

宇宙空間を周回していた米スパイ衛星が電力枯渇のため推進力を失い、軌道を外れて2月後半にも地球に落下する恐れがあることが26日、明らかになった。米メディアが伝えた。
 スパイ衛星は制御不能になっており、地球のどの地点に落下するかは分かっていない。


posted by カミガタ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。