2013年04月14日

藤子不二雄(A)の「愛…しりそめし頃に…」惜しまれつつ連載終了

毎回楽しみに見てました。
トキワ荘から出るところまで話を進めて欲しかっただけに。連載終了は残念でなりません。

藤子不二雄(A)の「愛…しりそめし頃に…」の単行本


藤子不二雄(A)の「愛…しりそめし頃に…」が、本日4月12日に発売されたビッグコミックオリジナル5月増刊号(小学館)にて最終回を迎えた。

「愛…しりそめし頃に…」は、1989年から執筆が開始された「まんが道」の続編。藤子(A)の青春時代を題材にした自伝的内容になっており、トキワ荘のマンガ家仲間である寺田ヒロオ、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、つのだじろうら、巨匠たちが実名で登場する。マンガ界のレジェンドそのものとも言える名作の完結は、ファンならずとも必見だ。
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

エヴァの「ヤシマ作戦」に登場した貨車が模型で登場!

「ヤシマ作戦」といえば、「エヴァンゲリオン」でも有名なエピソードです。
エヴァ好きにはたまらない新製品ですね。

バンダイの「Bトレインショーティー」



「ヱヴァンゲリヲン新劇場」のヤシマ作戦での変圧器搭載貨車が発売!
鉄道模型「Bトレインショーティ」シリーズ、Nゲージ線路での走行も可能
バンダイは鉄道模型「Bトレインショーティ」において、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 シキ880(B2梁)形大物車(屋外形275kV超高圧通常変圧器搭載)」を発売した。価格は2,100円。
変圧器は貨車から取り外すことも可能。3個が付属している

 「Bトレインショーティ」とは鉄道模型のNゲージのサイズで、実在の車両に比べ長さを縮めたデフォルメモデル。組み立て式で別売りの動力ユニットを組み込むことで、Nゲージの線路の上を走らせることもできる。貨車などの動力を取り付けない車両向けの台車も販売されており、デフォルメスタイルながら、本格的な鉄道模型として遊ぶことも可能。

 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 シキ880(B2梁)形大物車(屋外形275kV超高圧通常変圧器搭載)」は、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」のクライマックスシーン「第6の使徒」を迎え撃つため、日本国中から電気を集めて陽電子砲で使徒を射貫くという「ヤシマ作戦」で使用された変圧器を搭載した貨車を立体化したものだ。

 この変圧器と貨車は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を象徴するオブジェクトの1つとして、劇場公開時ポスターにも描かれた。巨大な変圧器は日本中から電気を集めるという大がかりな作戦に独特の説得力をもたらす。実在の車両とは一味違う「SFメカ」としての雰囲気をもっている。

 劇中でこの貨車を牽引した実在の車両「DD51形」はBトレインショーティで発売されており牽引シーンを再現することもできる。さらに別売りの「Bトレインショーティー専用 走行台車[F](貨物用)」を組み込むことでNゲージの線路で牽引して走らせることも可能だ。

 バンダイナムコゲームスは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を題材としたプレイステーション 2/PSP用3Dアクション「ヱヴァンゲリヲン:序」を2009年6月に発売している。ヤシマ作戦も迫力たっぷりで再現しており、使徒との緊張感のある戦いを体験できる。
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

鈴鹿サーキットが50周年でモータースポーツを支えた豪華メンバー勢揃い。無料入場サービスも

国さんとか中嶋悟とか、星野一義、ライダーでは伊藤真一…日本だけでもすごい、特に2輪が充実していて、ワイン・ガードナー、ウェイン・レイニーはテレビ大阪製作で深夜にやっていた2輪中継の時にトップクラスだったので印象深い。北野元も伝説のレーサーですよ。
そして89年のF1日本選手権優勝選手アレッサンドロ・ナニーニ! 日本人唯一表彰台に上がったF1選手、鈴木亜久里もそうですが、セナプロ対決がヒートアップした2年間だったので、日本のF1ブーム全盛期を思い出させる面白いです。
PDFダウンロード、記入で無料になるので、ぜひ時間があれば。

鈴鹿サーキットは、夏休み最後の土日となる9月1日、2日に「鈴鹿サーキット 開業50周年アニバーサリーデー」を開催する。特設サイト(http://www.suzukacircuit.jp/50anniversary/)から特別無料招待券(PDF)をダウンロードし、必要事項を記入すれば入場は無料。

 鈴鹿サーキットは、国内初の国際格式のレーシングコースとして1962年9月に開業。立体交差を持つサーキットとして世界的な知名度も高く、鈴鹿を舞台にさまざまなモータースポーツの戦いが繰り広げられてきた。

 開業50周年アニバーサリーデーでは、鈴鹿で戦ったドライバーやライダーの出演、レーシングマシンの展示や走行などが予定されており、モータースポーツファンならずとも見ておきたいところ。

 ドライバーは、アレッサンドロ・ナニーニ、高橋国光、星野一義、中嶋悟、鈴木亜久里、宮城光、小暮卓史、伊沢拓也、塚越広大(敬称略)らの参加が発表されており、小暮選手、伊沢選手、塚越選手はF1のデモランが予定されている。

 ライダーは、ジェームス・アーサー・レッドマン(ジム・レッドマン)、ケニー・ロバーツ、エディ・ローソン、ウェイン・レイニー、コーク・バリントン、グレーム・クロスビー、フレディ・スペンサー、ワイン・ガードナー、北野元、谷口尚巳、菱木哲哉、岡田忠之、水谷勝、原田哲也、伊藤真一、清成龍一、玉田誠(敬称略)らの参加が予定されている。
 とくにライダーは、レッドマンにはじまり、ロバーツ、スペンサー、ローソン、ガードナー、レイニー、バリントンと伝説のチャンピオンがほぼ勢揃い。日本人ライダーについても、ドライバーとしても活躍した高橋国光、宮城光を加えると豪華なメンバーとなっている。

 鈴鹿サーキットの担当者によると、これだけのメンバーが揃うのは「おそらく初めてで、50周年記念イベントならでは」とのこと。PDFダウンロードで入場が無料になるので、ぜひ足を運んでみてほしい
(以下略)
posted by カミガタ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

ディズニーの「シンデレラ」がデジタル・リマスターでBD化。中川翔子吹き替えの特典映像も

あのディズニーの「シンデレラ」がいよいよデジタル・リマスターでブルーレイディスク化です。
今回の「シンデレラ」には、幾つか特典映像も収録されており、その中には「しょこたん」こと、中川翔子が吹き替えを担当した作品も。
「シンデレラ 3-Movie Collection」は、OVAの「続編」を収録したもので、特に欲しいということでなければ、「シンデレラ ダイヤモンド・コレクション」でいいと思います。
でも、東京ディズニーリゾートに何度も行くようなディズニーファンなら、「どちらも買っちゃおうかな」と思う人もいるのではないかな〜。




ディズニー、'50年公開の「シンデレラ」をBlu-ray化
−デジタル・リマスターで高画質。続編OVAセットも
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、ディズニーアニメ「シンデレラ」を、10月24日にBlu-ray化する。タイトルは「シンデレラ ダイヤモンド・コレクション」。BD+DVDのセットで、価格は3,990円。また、「シンデレラ」シリーズ3作品のBDをセットにした「シンデレラ 3-Movie Collection」も、同日に6,090円で発売する。

 1950年に米国で初公開され、アカデミー賞主題歌賞にノミネートされた「ビビディ・バビディ・ブー」を始めとする陽気なメロディーや、ファンタジックなストーリーが話題に。日本では1953年に公開され、ディズニー・アニメでは最多という6回の劇場公開を重ねている。

ダイヤモンド・コレクションは、過去の名作をデジタル・リマスターにより高画質・高音質でBD化すると共に、豊富な特典を収録したもの。

 BD本編ディスクには、ディズニー・セカンド・スクリーンや、「シンデレラの世界」、「本物の妖精」、「オコナー婦人を讃えて」、「夢は広がる ファンタジーランド in カリフォルニア現地レポート」、「夢をかなえる魔法の靴」、「もうひとつのオープニング」、「短編アニメーション ラプンツェルのウェディング」といった初収録の特典映像を収録。

 「短編アニメーション ラプンツェルのウェディング」は、「塔の上のラプンツェル」のその後を描いた日本初公開の短編アニメで、中川翔子の日本語吹き替え音声も収録している。

 その他にも、シンデレラの未公開シーンや、音楽の紹介、メイキング、予告編など多数の特典映像を収めている。

 なお、ダイヤモンド・コレクションの今後の予定として、「ピーター・パン」が2013年春に発売予定。
(AV Watchより)
posted by カミガタ at 23:17 | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

上画面サイズアップ、バッテリ持続時間アップの ニンテンドー3DS LL発表!

既存の3DSで一番問題だったのはバッテリの持ち。
それがニンテンドー3DS LLでは、改善されているのが最大の朗報ですね。
従来の大きさのものもバッテリの持ちを改善できないものですかねぇ。
任天堂さん。

大画面になったニンテンドー3DS LLが発表! 発売は7月28日、価格は18900円[税込]
●上画面が従来の3.53インチから4.88インチに
任天堂は、ニンテンドー3DSから画面が大きくなったニンテンドー3DS LLを2012年7月28日に発売することを発表した。価格は18900円[税込]。

 ニンテンドー3DS LLは、画面は額縁部分が少ないモダンなデザインで、上画面が従来の3.53インチから、4.88インチに、面積比で1.9倍の大型化。いままでのバッテリー持続時間もアップ。SDカードの容量も4GBに。また、価格を抑えるため、ACアダプター(ニンテンドーDS、ニンテンドー3DSのACアダプターが使用可能)、専用充電台は別売り。

 ニンテンドー3DS LLが発売となる7月28日には、『New スーパーマリオブラザーズ 2』、『東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング』も発売される。
(ファミ通.comより)


脳トレでお馴染み、川島隆太教授監修のゲームソフト
posted by カミガタ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。