2013年02月10日

蘇我馬子の邸宅を見られる島庄遺跡から塀跡の大型柱穴列発掘

蘇我馬子の権勢を物語る大きな発掘ですね
(東京新聞より)
蘇我馬子邸 宮殿並み? 奈良・島庄遺跡 塀跡の大型柱穴列見つかる

飛鳥時代の大豪族蘇我馬子(そがのうまこ)(生年不明〜六二六年)の邸宅とみられる建物群跡が確認された奈良県明日香村の島庄(しまのしょう)遺跡で、塀跡とみられる大型柱穴列が見つかっていたことが九日、分かった。二〇一一、一二年に村教育委員会が調査していた。
 この遺跡で建物群跡のものとみられる七世紀前半の塀跡が見つかったのは初めて。調査した西光慎治主任技師は「柱穴の一辺が一メートル以上あり、宮殿クラスの規模といえる。立派な塀で囲われた邸宅だったのではないか」としており、天皇をしのぐ権勢を誇ったとされる馬子の邸宅規模を探る貴重な手掛かりになりそうだ。
 柱穴は八基で、馬子が住んだ正殿とされる大型建物跡の西八十メートルで見つかった。柱を直接地中に埋める掘っ立て柱式で、柱穴は一辺が約一・三メートルの方形。二・一〜二・四メートル間隔で並び、直径三十〜四十センチの柱が立っていたとみられる。塀全体の長さは不明だが、南北十六メートル分を確認した。
 〇四年の調査で見つかった馬子邸とみられる建物跡三棟と平行に並んでおり、一連の施設として造られたらしい。
 日本書紀によると馬子邸は飛鳥川の近くにあり、庭には池があったとされる。現場は既に埋め戻されている。
 <蘇我馬子> 敏達から推古まで4天皇の大臣を50年以上務め、天皇家との血縁関係を背景に蘇我氏の最盛期を築いた。対立する物部氏を滅ぼし、自ら擁立した崇峻天皇も暗殺、めいの推古天皇を即位させるなど、政界を主導。仏教の受け入れに熱心で日本最初の本格的寺院、飛鳥寺を建立。聖徳太子とともに歴史書の編さんや遣隋使派遣などを進めた。
posted by カミガタ at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

日本の古代史に新発見。日本書紀や万葉集に登場の「磐余池」は実在した!

付近の地図を見たのですが、確かに池がありそうな地形でしたね。
かなり大きな設備があった事でしょう。
こういう地道な調査で日本の古代史は裏付けられていくのでしょうね。

万葉集の本



日本書紀や万葉集に登場…「磐余池」は実在

奈良県橿原市教委は29日、日本書紀や万葉集に登場する人工池「磐余(いわれ)池」の推定地とされる同市東池尻町で、池の底の粘土層を確認したと発表した。

 また、粘土層から6世紀末〜7世紀初めの土器片が出土した。これにより、6世紀末に池が実在したことが裏付けられた形だ。聖徳太子の父・用明天皇が585年、磐余池のほとりに宮殿を設けたとする日本書紀の記述と合致する。

 市教委は2011年末、池の北東隅とみられる場所で堤の跡と6世紀後半の大型建物跡を確認した。今回は、地形から池の底とみられる箇所など約960平方メートルを発掘。池の底特有の粘土層(厚さ10センチ〜1・2メートル)が長さ約80メートルにわたって確認され、最下層から6世紀末〜7世紀初めの土器片数十点が出土した。最上層に13世紀の土器片が数百点あり、池は600年あまり存在し、その後、水田に転用されたらしい。
(読売新聞より)
posted by カミガタ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。