2008年07月03日

検閲があっても、インターネットが有る限り情報は抑え切れない by中国

いくら検閲をやろうが、世界にインターネットがある限り、情報の流れを抑えようという努力は無駄ですよ。

まして、大人しくしてない国民性なだけに、それが反政府の方へ向くと、手がつけられないでしょうね。

(ウォールストリートジャーナルより)
中国ブロガー、縦読みならぬ「逆読み」で検閲対抗

週末に中国貴州省で起きた暴動をめぐる報道を抑えようとするネット検閲をすり抜けるため、一部のブロガーは逆向きに文章を書く手法を取り始めている。

 同省ウェンアン県で起きた少女の死亡事件に関する当局の対応をめぐり、先週末、約3万人の抗議者が政府の建物に火を付けた。国営メディアはすぐにこの件を報道したが、政府の検閲当局はすぐさまオンラインに投稿された非公式の解説を削除し、そうしたユーザーによる書き込みを無力化しようとした。

 そこでTianya.cnなどのフォーラムのブロガーは、中国のネット検閲者――たいていは商用ISPの社員――が自動的に検出しにくい形式で投稿する方法を取り入れた。そうした手法の1つが、文章を反転させて、左から右ではなく、右から左に書いたり、横書きを縦書きにしたりするオンラインソフトだ。

中国の高度な検閲機構――「グレートファイアウォール」と呼ばれる――は好ましくないフレーズを自動的に追跡できる。だが、「中国には、常に検閲の回避方法を知っている、経験と才能のあるネット市民もいる」とHainan Tianya Online Networking Technology傘下のTianyaのある編集者は話す。この編集者は、問題の暴動に関する投稿の削除を担当している。

 北京五輪を約1カ月後に控え、中国政府はオンラインでもオフラインでも反政府的な意見にほとんど寛容を示さなくなっている。南京当局は6月27日に、国外の反政府的サイトBoxun.comに投稿したスン・リン氏に対し、「群衆を集めて社会不安を引き起こすなどの違法行為」に携わったとして懲役4年を科した。報道の自由を提唱する国境なき記者団によると、中国では2008年に入って以来、ジャーナリスト、サイバー反体制派、表現の自由を求める活動家が逮捕されたり、懲役刑を言い渡されるケースが24件あったという。
(後略)
posted by カミガタ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

中国のパンダ自然保護区が笹枯れで食糧不足に

13日発売の東京スポーツによると、野生のジャイアントパンダ1200頭が保存されている中国・四川省の「パンダ自然保護区」がパンダのエサになる笹が取れる竹林が枯れ果てたため閉鎖されたそうです。

しかし、枯れる前に何とかならないのか?
どうもこれは自然の摂理のようで。

竹は60年周期で再生する植物で、今年がその枯果てる年に当たるそうです。
竹林が再生するまで10〜20年掛かるという事です。

パンダは同省にある別の森に移動中という事で、一安心。

自然を保護するために(という名目で=極端な話、人間の生活を保護するために)人間がコントロールすると言う事は、この件だけ見てもなかなか難しい気がします。

posted by カミガタ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

中国政府、毛沢東を宣伝に利用した商品の販売促進を禁止

いわば、天皇とか昔の吉田茂とかの貢献した政治家と同じ扱いなのかなぁ。
どっちもどっちと言う気もしますが。

(時事通信より)
商品宣伝への指導者利用を禁止=毛主席似の俳優まで登場−中国

中国紙・北京晩報によると、中国国家工商行政管理総局は24日までに、共産党・国家指導者の肖像、イメージなどを利用して商品の販売促進を行うことを禁止する通知を出した。毛沢東主席(故人)に似た俳優が登場したり、毛主席語録を利用したりして商品を宣伝するケースもあり、政府は「指導者のイメージを傷つけ、社会的に悪影響をもたらす」(同総局)と警告している。 
posted by カミガタ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

中国が「燃える氷」メタンハイドレート採取成功

「メタンハイドレート」ですが、現時点では採取が難しく、コスト面で採取コストが販売コストを上回ってしまうそうです。
さらに、採取方法によっては、大量のメタンハイドレートが一気に気化し大気中に拡散、地球温暖化に拍車を掛ける恐れもあるとの事で、中国はじめ、これから採取する国は、採取方法を間違えないようにしてほしいものです。

一方、日本の沖合にはたくさんのメタンハイドレートが埋まっていて、地球上から石油が枯渇した場合、日本は世界最大のエネルギー資源大国になると言われています。
日本が他国に対して有利に運ぶための切り札と言えます(ただし、その利権をめぐり、戦争に巻き込まれる恐れもあり)

参考資料:Wikipedia・メタンハイドレード



(読売新聞より)
中国がメタンハイドレート採取、南シナ海北部で

新華社電によると、中国地質調査局は5日、南シナ海北部の海底で5月1日未明に新たなエネルギー源として注目されている「メタンハイドレート」の試料採取に成功した、と発表した。

 地質調査局は、メタンハイドレートが南シナ海北部に豊富に埋蔵されていることが証明されたとした上で、「メタンハイドレートに関する調査研究が世界の先進レベルに達したことを示すものだ」と強調している。

 国家レベルの研究計画で試料採取に成功したのは米国、日本、インドに次いで4番目という。初歩的な予測で埋蔵量は100億トンの石油に相当するという。

 新華社電は現場水域を「神狐」と称しているが、具体的な場所は不明だ。スプラトリー(南沙)、パラセル(西沙)両諸島がある南シナ海では、中国、ベトナムなどが領有権を争っており、今後の開発計画次第では資源獲得をめぐる争いが激化する可能性もある。
posted by カミガタ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

動物に地震予知能力がある? 中国の動物園で実験

うーん、なんか原始的でありますが…。
これで地震予知の助けになるといいですね。

ほんまかいな、事前に地震を感知し貴方に知らせる神秘の植物! 地震予知草
  


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070522-00000776-reu-int
中国の動物園、カエルやヘビの地震予知能力を調査

中国・広東省の広州動物園では、動物の地震予知能力を調べるための観察が行われている。22日付のチャイナ・デーリー紙が報じた。それによると、地震学研究所に情報を提供するため、園内のカエル、ヘビ、クジャク、カメ、シカ、リスの近くにそれぞれ、行動を観察・記録するための観測地点が設けられている。
 同紙は「多くの動物が地震の前におかしな行動を取ることが分かっています。例えば、冬眠する動物が目覚めて穴から出てきたり、水生生物が水面から飛びはねたりします」という専門家らのコメントを紹介している。
 ただ、動物が地震のどの程度前に反応するかについてや、観察の目的が地震警報を出すことかどうかについては報じられていない。
 地震学研究室によると、地震前の異常な行動は130種の動物でみられるという。
posted by カミガタ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。