2016年04月23日

被災地に送られる「迷惑な」折り鶴、被爆都市広島では年1億の税金投入。注目される再生プロジェクト

インターネットWatchのやじうまPC Watchの記事によると、「被災地に折り鶴を送るのは実は迷惑」という話が取り上げられていました。

4月14日の熊本地震の震度7の地震直後からの声をまとめたTogetterJ-Castニュースでは、「災害直後に必要なのは食料や燃料です!千羽鶴は正直いりません!」「古着や食料も迷惑」という抗議の声が集まっていました。まだお金のほうがかさばらず、腐らないので、直接な支援になるのだか。

一方で、「被災地に千羽鶴や手紙は迷惑…でもこの方法なら処分に困らないメッセージを届けられる!」というTogetterでは、「支援物資のダンボールにメッセージを書く」方法が有効と書かれています。

例えば広島。1年10トンでその処理費用として1億が税金投入されているそうです。
被爆都市のシンボルとして日本だけでなく、世界から記憶される広島ですが、こんな苦労があったのですね。

その一方で、送られてきた折り鶴を有効活用している例も紹介されています。
広島市ホームページ内の「折り鶴に託された思いを昇華させるための方策について(最終とりまとめ)
」では、2011年に再生紙化や焼却処分など複数の方法を試し、その効果と課題をまとめています。

折り鶴再生プロジェクトとして、広島の企画印刷会社「株式会社 文華堂」が「折り鶴再生紙」としてリメイク。名刺として提供を行っています。広島市内で授産施設(おもに社会福祉法人などの団体により身体障がい者や精神障がい者、家庭の事情で就業や技能取得が困難な人物に対し、就労の場や技能取得を手助けする施設)にて折り鶴の中で再生紙にリサイクルできるものを選別。またこのプロジェクトでは、売上の一部を原爆ドーム保存事業基金へ寄付しています。
posted by カミガタ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

道の駅を地域拠点化、「道の駅元気プロジェクト」を近畿日本ツーリストがスタート

1993年より日本各地に次々とできた「道の駅」。車の通過点ではなく、地域が発信し、観光や産業振興のハブとしての「道の駅」活用において、今回の試みはもっと広がってほしいものです。


「道の駅」を拠点にコンソーシアム、近畿日本ツーリストなど

近畿日本ツーリストは、全国の「道の駅」を拠点とした地域活性化事業「道の駅元気プロジェクト」を12月から開始する。同社が事務局となって異業種のコンソーシアムを組織し、観光客の誘致や地域特産品の販売支援、レストランのプロデュースなどのコンサルティングビジネスを展開する。

 同社は、道の駅が「日本版DMO(Destination Management / Marketing Organization)」として地域の観光マーケティング・マネジメントを担うことを期待し、関連の取り組みを支援していく。コンソーシアムには、観光農園の運営や6次産業化を手がける和郷(千葉県香取市)、クックパッド(東京都渋谷区)、辻調理師専門学校(大阪市阿倍野区)の3社が参加する。

 役割分担は、和郷が観光農園のプロデュースや直売所の販売支援を行う。クックパッドは、食材宅配サービス「クックパッド産地直送便」に「道の駅専用コーナー」を設置して、産地直送食材をインターネット販売する。辻調理師専門学校は、食による地域振興を通したIターンやUターンの推進、モデル化を受け持つ。

 近畿日本ツーリストは、事務局として参加企業の調整や、観光ビジネスについてのコンサルティングなどを行う。今後、道の駅の要望に応じて、新たな企業、団体にも連携を拡大していく予定だ。

 道の駅は、地方自治体が主体となって設置し、国土交通省に申請登録された施設で、11月現在で全国に1079カ所ある。24時間利用できる無料駐車場やトイレなどの「休憩機能」、道路情報・観光情報・緊急医療情報などの「情報提供機能」、文化教養施設・観光レクリエーション施設などの「地域連携機能」という3つの機能を備える。近年は、特産品の販売や加工(ブランド化)、観光客誘致など、旅の経由地としてだけでなく観光拠点としての地域産業の担い手の役割を期待されるケースも増えてきている。
(日経BPネット 新・公民連携最前線より)
posted by カミガタ at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

図書館の配架問題、お金、人材育成、地域コミュニティの場づくり問題。朝日新聞のツタヤ図書館記事から

http://www.asahi.com/articles/ASHBL6QB3HBLUCVL00H.html
ツタヤ図書館問題。
朝日新聞が海老名図書館を取材して、、CCCの図書館カンパニー社長で、海老名の館長も務める高橋聡氏に取材されています。

ようやくCCC側の現場の中の人の顔が出てきた。全体的には丁寧な好記事。
※ただし、棚の高さや、旧図書館の郷土書類を廃棄には触れられてないのはどうかな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・高橋聡氏は、「今すごく迷っています。良かれと思ってやっていることがどんどん否定されていくので……」とこぼす

・全國図書館大会でのツタヤへの登壇者の意見の様子が

・CCCは独自のジャンル分けを導入。海老名では当初、東野圭吾の小説『手紙』が「手紙の書き方」の棚にあるなどしたため、利用者から「本が探せない」という指摘が相次いだ。
・海老名では、料理本の書架には食材や調味料別に図書が配置され、「カフェごはん」という項目もある。高橋氏は「生活シーンに合わせた分け方」
※一見良いように思うけど、本屋みたいに変更がかかるとリピーターには混乱するよな

・武雄では昨年、120以上のイベントを実施。本の販売も絡めた著者のトークショーや、子ども向けバリスタ講座での調べ学習、朝ヨガなどに約7千人が参加した
・「図書館は本だけではなく、集まった人やそこで起きていることからも学ぶ場所だと思う」

・CCCの図書館事業は、武雄の来館者が予想を上回ったため人件費が増え、カフェや本の販売収益では採算が合わず(という)、2年連続赤字となった
・高橋氏は「今後も続けていきたい。都道府県に一つくらいこんな図書館があってもいいんじゃないか」

・慶応大学の糸賀雅児教授「空間作りにこだわりすぎると、選書や排架といった図書館の生命線がゆがんでしまう恐れがある」と指摘。一方、地域の課題解決のための本をそろえたり、人材育成の拠点づくりをしたりといった「時間はかかるけれど必要な役割」を軽視してきた、これまでの図書館のあり方も問題だと言う
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<以上で分かること>
CCCの武雄や糸賀教授の指摘でも触れられていることだけど、図書館で黒字は難しいし、一方で人材、場作りは必要。
人材育成や拠点作りにはお金と「エイヤ!」がかかる。
それを図書館側が、地元がやるかが重要。
ツタヤや他の図書館、自治体が指定した管理者だけでなく、図書館界、自治体自体や地域の人も考える必要がある課題だと言えるだろうね。
posted by カミガタ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

岩手競馬に救世主? 東幹久が0円でCMキャラたー契約

2003年には廃止も決まりかけていた岩手競馬。
契約金0、ギャラも岩手競馬の売り上げ次第というのは、岩手競馬・地方競馬の苦境をあらわすものであります。

  

(netkeiba.com)
東幹久さんが「0円」で岩手の顔に

岩手県競馬組合は18日、岩手競馬のCMキャラクターが俳優の東幹久さん(38)に決定したと発表した。東さんは今年度の競馬開催において、CMやイベント出演など様々な形で岩手競馬の広報展開に登場する。

 馬を愛し、競馬を愛し、大の競馬ファンとして知られる東さんは、昨年、岩手県が舞台となったNHK連続ドラマ「どんど晴れ」に出演。それが契機となり、岩手競馬の売り上げアップに貢献すべく、契約料0円でCM出演を快諾。CMは4月26日(土)から岩手県、青森県、秋田県、宮城県でオンエアされる予定。

 岩手競馬のスポークスマンとして今年度のみちのくレースを盛り上げるべく活躍が期待される東さんは、「岩手競馬に女性のお客様を含め、もっと幅広いお客様層に足を運んでいただきたい」とメッセージを寄せ、強い意気込みを見せている。
posted by カミガタ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

三陸産ワカメが高騰!

国産ワカメの値段が高騰しているようです。

あまり乱高下を繰り返すようだと、生産者にとってもいいことはないですし、価格が落ち着いて欲しいものです。
そのためには、外国産に頼っている今の日本の食を何とかしないといけないんでしょうが。

三陸産ワカメの商品
  


(読売新聞より)
三陸産ワカメ高騰、中国産や鳴門産への不信感で需要増

全国のワカメ収穫量の約7割を占める、宮城、岩手県の三陸産ワカメが高騰している。7日、宮城県気仙沼市で行われた入札会では、1等品の塩蔵ワカメが10キロ・グラム当たり1万5790円の過去最高値をつけた。

 これまでの最高値は毎年1万円程度だったが、この日は、2等品を含めた平均単価も、昨年同期に比べて約2倍の9948円に達した。岩手県宮古市でも、2月末の入札会で、1等品の塩蔵ワカメに1万6511円の過去最高値がついている。全漁連東北事業所によると、輸入ワカメの大半を占める中国産や、産地偽装問題が起きた徳島県鳴門産への不信感から、三陸産のワカメの需要が高まったという。

 気仙沼市の生産者(35)が「今までが安すぎた。安全性が評価された」と喜ぶ一方、別の生産者(62)は「この値段で消費者が買ってくれるのか。来年は消費者離れで安くなるのでは」と漏らしていた。
posted by カミガタ at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

引き取り手のない野鳥が住む土地。廃棄物の捨て場になる懸念が

大牟田市は鉱山で持っていた町だけに、鉱山が閉山した今、こういうところにカネを出す余裕はないのでしょう。

民間も買う所はあるのかな、と。
維持せずほったらかしにするしか手はなさそうですが、そうなったら廃棄物の捨て場になりそうで…。

格差が広がっていくと、捨てられた土地が環境破壊を引き起こす。
また原発や基地が目をつける。(原発は水質の問題があるけど)。
そうなった方が岩国じゃないけど、補助金も入ってきて幸せなのかな。

大牟田だけの問題ではないような気がします

野鳥関連の商品です。
  

(西日本新聞)
初島 三池島 タダでもいりません 大牟田市「維持費出せない」

福岡県大牟田市は28日、三井鉱山(東京)から無償譲渡を打診されていた有明海の人工島、三池島と初島の受け入れを見送ったと発表した。三池島は希少種の野鳥ベニアジサシの営巣地となっているが「財政難で島の維持管理費を確保できないため」としている。

 両島は有明海海底に延びる三井三池鉱坑道の換気用に建設された。同市沖合2キロの初島(直径約120メートル)は1951年に完成した国内初の人工島。70年完成の三池島(直径約90メートル)はベニアジサシの北限営巣地で、オーストラリアからの渡りも確認されている。

 三池島をめぐっては、日本野鳥の会が「民間に譲渡され、釣り場などになると、貴重な野鳥生息地が損なわれる」として、同市に譲渡受け入れと環境保全を要望。初島についても、大牟田観光協会などが観光資源として活用を申し入れていた。

 市は2006年5月、同社から譲渡申し入れを受けていたが「波による浸食もあり補修費の予測が付かない」と判断した。三井鉱山は「今後の対応は社内で検討したい」としている。
posted by カミガタ at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

今年のスギ花粉は多目! こんなツアーも

今年のスギ花粉はかなり多いみたいです。

花粉症の方はぜひ対策を。
  

(nikkei TRENDYnetより)
ANAセールス、会員限定のスギ花粉“避難”ツアーを発売


ANAセールス(本社:東京都港区)は2008年2月28日、ANAマイレージクラブ旅達(たびだち)会員限定の「スギ花粉・北海道リトリートツアー」を発売した。スギ花粉のない北海道のツアーで、健康アドバイスを組み込んだ。出発日は3月20、27日で両日とも20人限定。東京発の旅行代金は1人7万 2500円。最少催行人員は2人。

 リトリートは「避難小屋」の意味。北海道夕張市の「ホテルマウントレースイ」と「夕張希望の杜・夕張医療センター」が共同開発した。ツアー初日に健康検査を行い、翌々日に検査結果をもとに医師が個別問診とアドバイスを行う。最終日の夕食時には予防医学の第一人者・夕張医療センターの村上智彦院長の懇話会がある。

 ツアー中の朝食・夕食には、腸内環境を整える豆類、地元で収穫された野菜や魚貝類をふんだんに使用。医師が監修した特別メニューを用意した。フリータイムにはスキー・スノーボードや夕張石炭遺跡などの見学観光、夕張メロンパン作り、ヨガ教室などの体験メニューもある
posted by カミガタ at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

youtube利用で観光PR、長野県信濃町など日本の地方自治体

昨今の市町村合併に現れているように、構造改革+過疎化の進行でお金がない地方自治体。自身をアピールするために動画を活用したいが、システムが高価でお金を出せない、こういう悩みを持つ所も多いのではないかと思います。

youtubeはコストがかからず(利用は無料)、かつメジャーなサイトなので、人が多く集まってくる。動画配信・公開には現状ではもっとも効果的なプラットフォームではないか、と思います。

この信濃町の他にも、福島県の会津若松市では、昭和30(1955)年代から昭和50 (1975) 年代に撮影された広報用の16ミリフィルムや、月一回の市長の記者会見映像も公開しているそうです。
一番人気は1965年に会津若松市の観光名所「鶴ヶ城」が再建された際の様子で、数千のアクセスがあるのだとか。


兵庫県新温泉町や三重県いなべ市でも、ケーブルテレビ向けに制作した映像を再編集するなどして公開しているそうで、今後この動きが広がってくることが予想され、地方からの情報発信の手段として、注目していきたいところです。

youtube動画の保存など、youtubeを活用するソフトたち



(J-CASTニュースより)
地方自治体 観光PRに 「ユーチューブ」活用広がる


自民党や社民党などが動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」での広報活動を始めて注目を浴びるなか、地方自治体もPR活動に活用する例が増えている。きっかけは「コスト削減が見込めると思った」という真面目なものから、「パソコン好きな職員が動画配信をやってみたかったから」との「内幕」を披露する自治体まで、さまざまだ。また、大がかりな配信システムを組むお金がない、という事情も反映しているようだ。

(中略)

長野県北部の信濃町では、山間部という環境のため、つい最近までブロードバンドが使えず、ウェブサイトの運営も「本当は動画配信もやりたいが、今のところはテキストベースで」というのが方針だった。ところが、07年9月に、町の一部地域に NTTの「Bフレッツ」が開通し、動画サービスの導入を後押しした。実際にサービスが始まったのは07年10月24日で、05年に制作した「PRビデオ」のDVDに収録された映像や、「クリスマス会」「除雪機械出動式」といった地域のイベントを家庭用ビデオカメラで撮影したものが公開されている。やはり、同町の総務課でも、ユーチューブのメリットとしてコスト面を挙げ、

  「大がかりな配信システムを組んだり、高価な撮影機材を用意するお金がない、という事情はあります。妙な言い方なのですが、ユーチューブは『雑な作りでも許してもらえる』というか、情報発信が堅苦しくない形で出来るのが利点だと思います」と、率直な思いを話していた。

 なお、同町が公開している動画で最もアクセスが多いのが、1995年の災害で堤防が決壊した様子を収めた動画で、すでに3万2000回以上再生されている。他の動画と比べると飛び抜けて多い再生回数だが、「たまたま役場に保存されていた」という災害現場のビデオを「災害を風化させるのも良くない」と、再編集してアップロードしたところ、ユーチューブのトップページにある「おすすめ動画」に取り上げられ、アクセスが急増したのだという。

 もっとも、これは「例外」のようで、町民からの反応は
「ビックリするほど、ないんです」とのこと。町内への広報が、今後の課題と言えそうだ。
posted by カミガタ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

合格祈願に。縁起の良い駅名の携帯ストラップ発売へ

地方鉄道存続への一つのアイデアですね
受験生はこのグッズで、縁頼みしてみてはどうでしょうか。

ちなみに「学門」駅は、「かむろ」と呼びます。

(毎日新聞より)
<合格祈願>「勝田」「本銚子」…縁起の良い駅名を携帯ストラップに


バンダイナムコグループのメガハウスは来年1月、受験シーズンに合わせ、茨城交通湊線の「勝田」(勝った)、千葉県の銚子電鉄「本銚子」(本調子)、和歌山県の紀州鉄道「学門駅」の入場券など、縁起の良い駅名の携帯ストラップ「駅名合格祈願ストラップ」を発売する。

 ストラップは切符型10種類と、ホームに設置されている「駅名標」型8種類。切符の端に印刷されている通し番号を「50592008」(合格2008年)などラッキーナンバーにしたり、駅名標を「五角形」(合格形)にしたりと、徹底して縁起をかついだ。1個262円。箱入りで、どの駅名が出るかは開けるまで分からない。

 茨城県ひたちなか市では、同社と茨城交通が連携し、湊線の勝田〜阿字ケ浦間で商品と同じ五角形の駅名標を付けた電車が走っている。車体の前には駅名の「かった(勝田)」、後ろに「合」と「格」の2種類の文字を掲げる。湊線は単線で、上り電車と下り電車が交換のため並列する那珂湊駅では「合」と「格」が並んだ光景が見られるという。同駅で電車がすれ違うのは1日20数回だが、「格」が二つ並ぶケースもある。那珂湊駅の高橋健一駅長は「なるべく『合格』と並ぶように走らせたい」と話す。来年2月末まで運行予定。

 ひたちなか市はこれまでにも、縁起が良い勝田の「縁起切符」を町おこしの一環として販売していたが、携帯ストラップ発売に合わせて駅名標も利用するアイデアが出て実現したという。

 湊線は乗客減で存続が危ぶまれていたが、08年4月から、ひたちなか市が茨城交通と共同設立する第三セクターの新会社による運行を始める。
posted by カミガタ at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

「イオン銀行」営業免許取得、20日に開業

金融業は新規参入で競争が激化しそうです。
郊外型のショッピングセンターに設置する事で、車で行くには便利ですよね。
逆に今までの地方銀行はピンチかも

(読売新聞より)
「イオン銀行」営業免許取得、20日に開業


大手スーパーのイオンは11日、傘下の「イオン銀行」(本社・東京)が金融庁から銀行業の営業免許を取得したと発表した。

 小売りが設立した銀行としては、セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン銀行に次いで2例目となる。

 セブン銀は決済を中心事業としているのに対し、イオン銀はショッピングセンター(SC)内に有人店舗を構えて、住宅ローンや投資信託など個人向けの総合金融サービスを提供する。

 20日から、イオンが運営するSC約80店舗と子会社のイオンクレジットサービス約200店舗で口座申し込みを受け付ける。29日にはジャスコ品川シーサイド店(東京都品川区)とイオン津田沼ショッピングセンター(千葉県習志野市)に有人店舗を開く。今後5年で130店舗を出店し、420万口座、預金残高1兆1000億円の獲得を目標としている。
posted by カミガタ at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

自虐系キャラクターでアピール、夕張のリゾート会社

11日付けの東京スポーツで、財政破綻した夕張市で観光施設を運営する夕張リゾート株式会社が、このほど「自虐系キャラクター」大作戦を開始したというニュースが載っていました。

キャラクターは「金はなくても愛はある」が座右の銘の「夕張夫妻」(おそらく「負債」に掛けている)。夕張メロンをデザインのモチーフにしている。
夫は「夕張父さん」(倒産)、妻は「夕張まっ母さん」(赤字)とそれぞれモジられている。
二人はどんな苦難にもビクともしない性格の持ち主だという…。

「いい夫婦の日」である11月22日からは、JR夕張駅を「愛の始発駅」に変貌させるプランも検討されている。

詳しくはココを参照。

夕張市の観光品をどうぞ
 
posted by カミガタ at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

オッパイだらけのお寺がある!

少し古くなりますが、東京スポーツ14日付けから。

愛知県小牧市にある「間々観音(ままかんのん)」は日本で唯一、オッパイをモチーフにしたお寺。
母乳に恵まれるようにという女性の願いをかなえるといわれている。
室町時代に開基。約500年の歴史を誇る。
境内はオッパイだらけ。
手水舎(参詣者が手や口をすすぐ場所)がオッパイの形をしている(乳首からはさすがに母乳ではなく水が流れている)。
それだけでなく香炉、絵馬、お守り、お土産もすべてオッパイの形をしている。
絵馬には「彼女の胸が大きくなりますように」「オッパイが小さくなりますように」などの願いや安産祈願などが書かれている。
観音堂正面には乳型をした石があり、体の痛い場所と交互になでるとご利益があるとされる。

このような内容でした。

オッパイに悩みのある人。胸にしこりのある人などは行って見られるのもいいかと思います。

めざせ、美乳!
posted by カミガタ at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

地方産業の不振の中、輝く地ビールの普及

廃村になる村が増えていると言うニュースがありました。
それは今の世の中に見あった産業がそこにないからだと思います。
仕事場があれば人はそこに集まり、生活商品を提供する店もでき、交通機関も整備される。

今回の地ビールのような地方の産業がもっと増え、そこに住む人に仕事場ができ、若者が住むのに魅力的にならない限り、都心への一極集中は止まらないと思います。

ネットで買える地ビールの数々
  

(日刊ゲンダイより)
近ごろ「地ビール」がうまいらしい

麦芽やホップ、酵母などを独自に組み合わせ、それに合わせた発酵温度で仕上げた地ビールが、人気回復している。酒税法改正で94年に解禁されたが、英国風とかドイツ風の慣れない味と少量生産による高めの値段がネックで、地ビールブームは数年で終息。しかし、各メーカーの技術の向上と、値段が高めでも独特の香り、コク、苦味に魅力を感じる“地ビール党”が近ごろ増えている。

●約270社が1500銘柄を生産
「日本地ビール協会」の小田良司会長はこう説明する。

「現在、地ビールメーカーは約270社で、合計1500銘柄が生産され、年間生産量は2万5000キロリットルです。ビール全体に占めるシェアは0.3%。地ビールブームのピークだった99年ごろは、310社ほどで、約1000銘柄あり、年間生産量は2万キロリットル弱。メーカーは減りましたが、銘柄数も生産量もシェアも増えています。各メーカーの技術力アップと、クセのある味を楽しめるファンが増えているのが背景になっています」

 日本地ビール協会が主催する地ビールの祭典「ジャパン・ビアフェスティバル」(チケットを買えば、飲み放題)も98年の東京を皮切りに大阪、9月には横浜でも開催される。毎年、どこの会場も入場者を制限するほどの人気ぶり。

●ネット通販で買う個人客が急増

「いわて蔵ビール」を造っている岩手県一関市「世嬉の一酒造」の佐藤航醸造責任者はこう言う。

「年間16銘柄ほど、地ビールを造っています。売り上げは年間約8000万円と、最低だった2000年当時と比べて5000万円増えました。ネット通販で買う個人客が一番増えて、全体の取引の40%にまで達しています」

 また、地ビールが売り物の東京と横浜の飲食店は300店ほどあるという。

●ゴクゴク飲んではダメ

 地ビールのうまい飲み方について、東京・墨田区の地ビールパブ「麦酒倶楽部 POPEYE(ポパイ)」オーナー・青木辰男氏のアドバイスはこうだ。

「普通のビールのようにゴクゴク飲むのではなくて、少し飲んでは口の中で、香り、コク、苦味を味わってください。炭酸は弱めが多く、腹もそんなに膨らみません」

●人気ベスト3銘柄を飲んだ

 店にある40種の地ビールのうち人気ベスト3は、山梨・富士桜高原「ヴァイツェン」、静岡ベアードビール「帝国IPA」、いわて蔵ビール「IPA」だ。

 飲んでみた。

 小麦入り「ヴァイツェン」はすっきり味。ホップが多い「帝国IPA」は苦味が強い。こちらもホップが多めの「IPA」は渋味が際立っていた。
posted by カミガタ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国で大きな地震が頻発、心配

最近大きな地震が各地で多いですねぇ…。
心配。

(時事通信社より)
千葉東部で震度5弱=女性が左腕骨折−今後1週間、4程度の余震か


18日午前4時14分ごろ、関東地方などで地震があり、千葉県一宮町で震度5弱の揺れを観測した。気象庁によると、震源地は千葉県東方沖で、震源の深さは約23キロ、地震の規模(マグニチュード=M)は4.8と推定される。
 千葉県によると、同県船橋市の女性(67)が自宅で地震に驚いて転倒し、左腕を骨折した。
 同4時52分には千葉県大多喜町で震度3を観測するなど、余震も続いた。
 気象庁で記者会見した宇平幸一地震津波監視課長によると、千葉県東方沖では13日ごろから地震活動がやや活発化し、16日にはM5.3で最大震度4の地震が発生。今回は震源地が陸に近く、規模の割に揺れが大きかった。今後1週間は最大震度4程度の余震が起きる可能性がある。
 いずれもフィリピン海プレートが陸側プレートの下に潜り込む境界で発生し、逆断層型とみられる。 
posted by カミガタ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

日本の歌謡曲を育てた情念…、阿久悠さん死去

本当なのか。ニュースを見たとき信じられなかった。
「ききわけのない 女の頬を一つ二つ張り倒して、背中を向けて煙草を吸えば、それで何も言う事はないー。ボギーボギー、あんたの時代は良かった」
今ならこんな歌詞は絶対に世の中に出てこなかっただろう。
タバコももう社会権を失った。

Jポップと言う言葉がまだなかった頃の、まさに昭和を謡った詩人。

ご冥福をお祈りします。



  

(毎日新聞より)
<訃報>作詞家で作家の阿久悠さん死去 70歳

「また逢う日まで」「北の宿から」「UFO」など、日本人の心に残る大衆音楽の詞を書き続けた作詞家で作家の阿久悠(あく・ゆう、本名・深田公之=ふかだ・ひろゆき)さんが、1日午前5時29分、尿管がんのため東京都内の病院で死去した。70歳。葬儀は近親者で行い、後日、送る会を開く予定。喪主は妻雄子(ゆうこ)さん。

 明治大文学部卒業後、広告代理店に勤務。64年からフリーとなり、放送作家や作詞の仕事を始めた。作詞は65年のスパイダースのB面が最初のレコードで、67年モップスの「朝まで待てない」が本格デビューとなる。日本レコード大賞に「また逢う日まで」「北の宿から」「勝手にしやがれ」「UFO」「雨の慕情」の5作、ほかにも「ピンポンパン体操」「熱き心に」など、多くの受賞を数えた。オリコンによると、レコード類の総売上枚数は6818万枚で歴代1位、22曲がシングル1位を獲得した。
(後略)
posted by カミガタ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

第3セクターの見直しについて−花巻市の場合

「経営」という意味で、自治体や政府がどのくらい公社として運営していくのか。まだまだずぶの素人が経営をやっているという意味が強いです。
「採算性だけでは存在価値を一律に線引きできない事情もある」というのが結構重要で、「儲ける」事を求めるなら民営化か廃止、「残す事」が住民のメリットになるのなら、「税金で赤字補填」と方針を決めて掛かる事が大事です

(岩手日報より)
三セク、存廃の岐路 花巻市が全面見直し

花巻市の第三セクターが岐路に立っている。市は昨年から全面見直しに着手しており、すでに農業関連の3公社の統合を決定。今後も統合や廃止、完全民営化などを視野に各法人の業務精査に取り組む。多額の負債を抱える各法人は存廃問題に直面し、市の動向を注視。合併で増えた「財産」をどのように整理するか、市の重要課題となっている。
市は昨年7月から、合併に伴い旧4市町から引き継いだ15法人を対象に全面見直しを実施。これまでに、市産業開発公社(旧大迫町)が3月で解散し、花巻農業振興公社(旧花巻市)へ統合。とうわアグリトピア公社(旧東和町)も年度内に解散し、花巻農業振興公社へ編入する。
多額の負債を抱える法人の見直しが当面の課題。2006年度末時点で、レストラン事業などの早池峰観光(旧大迫町、累積赤字6500万円)やバス運行事業の東和町総合サービス公社(旧東和町、同4100万円)、東和温泉経営のとうわ地域資源開発公社(旧東和町、同2600万円)など5法人が累積赤字を抱えている。
多くが過去の営業不振や放漫経営により積み重なった負の遺産だ。06年度末決算では懸命の経営改善により、早池峰観光、東和町総合サービス公社、とうわ地域資源開発公社が黒字を計上した。
しかし、市からの業務委託などに依存している面もあり経営の実情は厳しく、数1000万円単位の累積赤字が重くのしかかる。
各法人とも地域活性化や市民サービスの向上には一定の役割を担っており、採算性だけでは存在価値を一律に線引きできない事情もある。厳しい財政状況が続く中、市がどのような判断を下すのか注目が集まる。
伊藤隆規・市総務企画部長は「各法人ともそれぞれ良い事業部門もある。しかし、収支のバランスが取れずに市が赤字補てんをするわけにはいかない。市としてのかかわり方を適正に整理したい」と方向性を語る。
東和町総合サービス公社の高橋信夫常務は「収益増加に努力するしかない。ただいつまでも債務超過のままではイメージが悪い」と語る。早池峰観光の梅津衛一社長は「経営安定のため社員一丸で取り組むしかないが、見直しの方向性を早く示してほしい」と要望する。
posted by カミガタ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

メガネの国内シェア9割以上を誇る福井県鯖江市がPRサイトを開設

福井県鯖江市=「福井市の南にあり、多くの世帯が特産である眼鏡関連の産業に関わっているめがねのまち。漆器も伝統工芸にとどまらず業務用の全国約90%に及ぶ生産高となっている。染色団地があり繊維産業も盛ん。2000年国勢調査までは第二次産業人口が過半数となる工業主体の都市であったが、21世紀に入り第三次産業への転換が急速に進んでいる。鯖江駅には一部のJR西日本の特急も発着し、大阪府、愛知県など県外の7府県へ直通している。市内に北陸自動車道 : 鯖江ICがある。サイバーエージェント社長藤田晋や、俳優の河原雅彦が出身」
(参考Wikipedia:鯖江市より抜粋・編集)

ほとんどのメガネはここで作られているという事です。
鯖江市では 「めがねっ娘コンテスト」も開催された事があるそうです。
私もメガネを愛用してますが、この街に感謝しないといけないですね。

鯖江市の工業製品
 

(産経新聞より)
メガネの魅力思い知れ! 鯖江市がPRサイト


メガネの国内シェア9割以上を誇る福井県鯖江市は、眼鏡産地のイメージアップを図ろうと、メガネ職人などにスポットを当てたPRサイト「鯖江メガネファクトリー」を開設した。

 同市のホームページ(http://www.city.sabae.fukui.jp/)内にあり、職人を紹介する「ゲンバシュギ」▽メガネのマメ知識を紹介する「メガネ選びのツボ」▽メガネの世界で働く女性を紹介する「オプティガール」▽メガネにこだわる有名人が登場する「メガネザンマイ」−の4つのコンテンツで構成。

 このうち「ゲンバシュギ」は、2人のベテラン職人が製作へのこだわりや技術の歴史などを語り、メガネの奥深さが感じられる。

 サイトは同市ものづくり支援課が県内の大学生と連携して製作した。今後も大学生に企画や取材に参加してもらいながら内容を更新し、若い感性でメガネの魅力を発信していくという。
posted by カミガタ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオ燃料に穀物が使われ、うどん値上げも

なんで食べ物に使える穀物を燃料に使うのか、それ自体自分は疑問ですね。ゴミ発電とかもっと今までいらないと思われたものを利用してエネルギーを稼げばいい、と思っていますが。

プルサーマルだって、不祥事や事故で事実上ダメになってしまいましたが、エネルギーとしていらないものを燃やせるのなら、事故が起こらないようにとか、放射物廃棄物を少なく(例えば自動化の推進とか)するようにとか、原子炉の耐久性を上げたり、プルトニウムを燃やせるように改良すれば、日本にとっていい資源になる可能性もあったかと思うのですが…

(産経新聞より)
バイオ燃料人気で、うどん値上げ!? “粉もの文化”直撃


温暖化対策の切り札として世界中で注目されるバイオ燃料。その余波が讃岐うどんや身近な食事を直撃している。原料となる穀物市場が高騰しているためだ。競争が厳しい外食産業では大半の店で価格に反映されてはいないが、バイオ燃料は世界規模で導入が進んでいるだけに、将来への不安が漂う。

 首都圏でも人気があるうどんの本場、香川県の讃岐うどん。「さぬきうどん協同組合」に加盟する企業・店舗のうち、約15店がメニューの一部を10〜20円値上げした。

 「小麦粉が25キロで60円程度上がった。値上げで対応するしかない。天ぷらを揚げる油も上がっている。ダブルパンチどころかボコボコですわ」

 自身の会社でも商品の「冷凍うどん」の一部で値上げを決めた大峯茂樹・同組合代表理事は嘆息する。しかし、もともと値段が安いため「常連さんも『上げてもいいんじゃない』と言ってくれる」という。

 9割を輸入に頼る小麦について政府は4月、年間固定価格を決める「標準売り渡し価格制度」を廃止し、変動制に移行した。そこに小麦の一大産地のオーストラリアの干魃(かんばつ)が重なったことが価格上昇の一因だ。

 しかし、農林水産省の担当者は「トウモロコシが高値で取引されるバイオエタノールに使われて飼料が不足し、補うため小麦の価格も上昇。穀物全体の相場が上がっている」と説明する。今秋の価格改定でも下がる見通しは立っていない。

 転作で大豆などが作られなくなり食用油が高騰した影響で、大手が相次いで値上げを発表したマヨネーズ。名古屋市の「感動マヨネーズ料理店まよまよ」も取引先から7月からの値上げを通告された。高羽健治マネジャーは「プレーンなマヨネーズだけで1日に10キロも使うので、正直、痛い打撃。でも、それ以外のコスト削減で価格は上げない」と意気込む。

 「粉もの文化」の街、大阪に本社をもつお好み焼きの「千房」は「小麦粉もマヨネーズも仕入れ業者から値上がりするとは聞いている。今は値上がり幅がどのくらいか、価格に反映させないでできるかの検討中」。ファミリーレストランなどを展開する「すかいらーく」は「先物買いのため今すぐの影響はないが、半年先はどうなるか。飼料も上がるので肉類の価格上昇も懸念している」と話している。

 温暖化防止のためのバイオ燃料が食を直撃する事態に、外食産業の担当者らからは「世界には飢えている人もいるのに」「食べ物は生きていく基本。それを燃料に回すのには疑問がある」と“恨み節”も聞かれる。

 日本フードサービス協会の千葉国雄広報室長は「外食産業は競争が厳しく、原材料が上がったからといってすぐに値上げには踏み切れない。しかし、小さい店などでは今後、影響が出てくるかもしれない」と話している。
posted by カミガタ at 20:58| Comment(2) | TrackBack(2) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

圏央道が中央道と関越道直結

これで都心を通る車が減るかどうか。群馬以遠と神奈川県北部、山梨となら効果はあるでしょうが、それ以外となると…。

根本的に首都圏の渋滞を避けるのなら、東京の一極集中を是正するか(物資を運ぶトラックが東京都内に集中しすぎている)、東京内の住宅と工場とを思いっきり集中させる街づくりで、トラックの移動距離を減らすかどちらかと思います。

 
東海自然歩道を歩くものには、今後の開通で通り道となる高尾山の動物や自然がどうなるか、も気になります。

(読売新聞より)
圏央道あきる野IC―八王子JCT開通、中央道と関越直結

首都圏の外周を環状に結ぶ首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の「あきる野インターチェンジ」(東京都あきる野市)と「八王子ジャンクション」(八王子市)の間の9・6キロが23日に開通し、中央自動車道と関越自動車道が都心を経由せずに直接つながった。

 一般車の通行は午後3時から始まり、待ちわびた車が次々と“走り初め”をした。埼玉県入間市の会社員武藤拓巳さん(20)は「料金は高いが、便利なのでドライブに使いたい」と話していた。

 圏央道は全線が開通すれば、都心から放射状に延びる各高速道を結ぶことになる。八王子西インターチェンジで行われた記念式典には関係者ら約500人が参加、冬柴国土交通相が「都心部の慢性的な交通渋滞の解決の切り札」と述べた。
posted by カミガタ at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

「らーめん缶」社長についに新聞の取材が!

秋葉原界隈で噂のらーめん缶。
その社長が新し物好きの産経新聞から取材を受けました。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(産経新聞より)
品薄続く「らーめん缶」 ヒットの舞台裏

二つ折りのフォークが付いているので、缶のふたを開ければ、そのまま食べられる。その手軽さが受け、4月の発売以来、品薄状態が続いている。画期的なのは、めんがスープに漬かっているにもかかわらず、伸びないこと。めんの素材にコンニャクを使うことで実現させた。

 「通常のめんの食感に近づけるため、製法にも独自の工夫を凝らしている」とは、販売元である食品プロデュース会社「UMAI(ウマイ)」の社長、山崎猛司さん。製造は専門業者に委託している。

 ヘルシー志向の女性にも好評だという。現在ある3種類の内容量は各290グラムで、「醤油(しょうゆ)味」が58.0キロカロリー、「味噌(みそ)味」が84.1キロカロリー(各300円)、今月発売の「冷やし麺(めん)」も69.6キロカロリー(350円)。常温でも食べられるが、「醤油味」「味噌味」は湯せんにかけるか別の容器に移して温め、「冷やし麺」は冷蔵庫で冷やすのがお勧めだ。

 めんを缶詰にするという考えは、非常食の発想から生まれた。企画開発に携わった東京・新宿の人気ラーメン店「麺屋武蔵」の店主、山田雄(たけし)さんは、平成16年に起きた新潟県中越地震の際、現地でラーメンを作って被災者に提供した経験がある。

 山田さんは「水も火も使わずに食べられれば、災害時にきっと役立つと思った」。また、「火を使えない年齢の子供が、親の留守中におなかを空かせても、安全に食べることができる」とも。

 保存期間は3年間。缶を容器にした理由には、再利用のしやすさもある。備蓄用食品として、官公庁からの問い合わせもあるという。

 販路は対面もあるが、注目されているのは自動販売機。自販機での販売を一手に引き受ける自販機製造販売会社「フジタカ」のマネジャー、室谷(むろたに)真吾さんは「売り上げが落ち込むたばこ店の自販機で、たばこと一緒に売ることで、集客増につながっている」と明かす。

 現在の商品は「札幌」ブランドだけだが、今後は各地の名物ラーメンの味を再現していく計画だという。
posted by カミガタ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。