2016年03月18日

京都・東山の桜スポット紹介! 平安神宮・円山公園枝垂れ桜・祇園新橋の夜桜・高台寺など

マイナビニュースで、「絵画にも紛う美しさ! 京都・東山で見逃したくない桜の名所をそぞろ歩く」と題し、旅行コラムニストの森川 孝郎(もりかわ たかお)さんが、京都・東山の桜スポットを紹介されてました。

紹介されていた地域は以下の場所。

(1) 平安神宮"左近の桜"
平安神宮の社殿は明治28年(1895)、平安遷都1,100年を記念して、平安京の朝堂院(大内裏の正庁)の一部である応天門と大極殿を原寸の2/3のスケールで再現したもの。社殿と約一万坪の「神苑」(回遊式庭園)が広がる、京都を代表する観光名所のひとつ。

大極殿の前に植えられているのが、いわゆる"左近の桜"と"右近の橘"。この"左近の桜"と"右近の橘"は、京都御所の前にも植えられているそうです。

「神苑」内の南神苑には、鮮やかなピンク色の紅枝垂(しだ)れ桜が咲き、こちらもオススメだそうです。

(2) 平安神宮鳥居前、京都疎水沿いの桜
鳥居前には平安神宮を南へ出ると、京都府立図書館、京都市美術館、国立近代美術館などの建物が両側に建ち並んでおり、琵琶湖疎水(そすい)に架かる橋があり、橋の上からは水の上に枝を伸ばす桜と、疎水上を航行する遊覧船が見れます

(3) 円山公園の枝垂れ桜
"祇園の夜桜"とも呼ばれる枝垂れ桜の古木。現在の木は、昭和22年(1947)に枯死した初代の後を継ぐ2代目で、昭和のはじめの頃に初代の木から種子を採って育てられたそうです。見事な枝ぶりが見事な存在感を放っています。
明治から昭和初期にかけて活躍した歌人の与謝野晶子は、妖艶な祇園の夜桜の様子を「清水へ祇園をよぎる桜月夜 今宵遭ふ人みな美しき」と和歌に詠みました。円山公園内はもちろん、八坂神社境内にも桜が多く、可能であれば、ぜひ夜桜見物をオススメしたいと書かれています。

(4) 知恩院山門
巨大な山門を桜が引き立てます

(5) 祇園新橋の夜桜散歩
山門から西へ進み、150mほど先で「東大路通」を渡ったら、その先へと続く「新橋通」という細い路地を歩いて行きます。「花見小路通」との交差点を越えると、「祇園新橋伝統的建造物群保存地区」と呼ばれるエリア。「これぞ京都!」という場所だそうです。

石畳の道の両側には、京都の伝統建築である「紅殻格子(べんがらごうし)」の家々が建ち並び、そして白川に架かる巽橋(たつみばし)のたもとには、伎芸の上達にご利益があるとされ、舞妓や芸妓(げいこ)の信仰を集める「辰巳大明神」のお社が。白川の流れに寄り沿うようにして桜が植えられ、桜散歩が楽しめます。

ここも夜桜がオススメ。
日暮れ後、お茶屋や宿屋の軒先に明かりが灯りはじめる中、夜風に吹かれて桜の花びらが白川の川面に舞い落ちていく。そんな風情を楽しみながら四条大橋まで歩き、橋の向こうの先斗町(ぽんとちょう)でお酒をちょっと引っかけてみたりすれば、最高にぜいたくな京都の夜だとか。京阪電車「祇園四条」駅より徒歩約3分のアクセスも嬉しい。

(6)高台寺
円山公園から南へ200m。
高台寺は豊臣秀吉の妻・ねね(北政所)ゆかりの寺であることから"ねねの寺"の通称で知られ、門前道は"ねねの道"と呼ばれます。
この付近からは東山のシンボル・八坂塔と桜のコラボが楽しめ、記念撮影にはもってこい。
高台寺の方丈前庭には大きな枝垂れ桜が植えられ、桜の季節は夜間ライトアップも行われます。

天気予報サイト「ウェザーニュース」が3月15日に発表した予報によると、京都市周辺では3月26〜31日にかけて開花し、4月初めに見頃となるようです。
posted by カミガタ at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域-京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

京都府京丹後市、太陽光発電・蓄電池・災害対策BOXを備えた充電ステーションを設置

「道の駅 てんきてんき丹後」、「道の駅 くみはまSANKAIKAN」、「宇川温泉 よし野の里」の3カ所。USB端子を使ってスマホの充電もできるとのこと! 充電ステーション増やして欲しいですね

京丹後市、太陽光発電・蓄電池・災害対策BOXを備えた充電ステーションを道の駅など市内3カ所に設置完了

2015年11月20日、京丹後市(本庁:京都府京丹後市峰山町、市長:中山 泰)は、クリーンエネルギーを活用した多様なサービスを地域展開するため、市内道の駅などの公共スペースに電動車両向け充電スタンドの設置・整備を進めており、「道の駅 てんきてんき丹後」、「道の駅 くみはまSANKAIKAN」、「宇川温泉 よし野の里」の3カ所への充電スタンドの設置が完了したことを発表した。

設定された「道の駅 くみはまSANKAIKAN」、「宇川温泉 よし野の里」の2つの充電ステーションは、災害時など太陽光発電システムと蓄電システムの自立運転により電力供給が可能とする。当該するステーションには、電源(USBポート付OAタップ)、ラジオ、懐中電灯、軍手(10セット)を備えた災害対策BOXを付属し、災害発生時でも携帯電話・スマートフォンなどを充電することができる
(インプレススマートフォーラムより)
posted by カミガタ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域-京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

京都の観光地に3時間無料のWifiスポットを京都市が提供

海外からも多くの観光客が集まる街京都。
見に行ける場所が多いだけに情報収集がカギになります。

そんな時、観光地とかターミナルとかにインターネットにモバイルでアクセスできる環境があれば嬉しいでしょうね。

京都市は630カ所と全国の政令市自治体で一番の無線LANアクセスポイントを整備するので、網の目のようになります。

個人的にはこれを位置情報に応用できれば、GPSのないタブレットでも、今の位置がわかるようになって、迷わず済むようになったり、次にどこに行くか目星をつけられます。

3時間制限も人が集まる京都のトラフィックを考えると、良いと思います。

もっと数は増えて欲しいし、他の自治体も追随して欲しいです。


京都市が観光客向け無料無線LAN 630カ所整備

京都市は4日、市内の観光地などで無料の無線LANスポット「KYOTO_WiFi」を630カ所整備すると発表した。バス停や地下鉄の駅、コンビニエンスストアなどに順次接続スポットを設置し、国内外の観光客が京都情報を得やすい環境を整える。市によると福岡市などでも同様の接続スポットを設けているが、無料のスポットを100カ所以上整備するのは、政令市では全国初という。

 スマートフォンなどの普及に伴い、交通機関や観光地の情報をインターネットから得る観光客は年々増加。ただ、海外からの観光客にとっては通信料が高額になりやすく、23年度に市が行った調査では、外国人観光客の67%が、無料で利用できる無線LANスポットの設置を希望していたという。

 福岡市や広島市でも約30〜40カ所、同様のスポットを設けているが、京都市の整備計画は、これを大きく上回る規模。今年度末までにまず500カ所を整備する。

 携帯端末などからメールを送って得られるパスワードで、誰でも3時間まで無料で使うことができ、災害時などは時間制限をなくすことも検討している。

 機器の設置や維持費用などは、公募に応じた通信事業社2社が負担。市は、接続スポットを紹介するマップや案内ステッカーの整備費などとして、238万円を24年度予算に計上した。
(産経新聞より)
posted by カミガタ at 14:57 | TrackBack(0) | 国内地域-京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

京都河原町に「ジャンカラ」初、1人カラオケ専門店オープン

一人カラオケ。
一人で気兼ねなく利用できる事で、ネットカフェとカラオケとの競走は熾烈になりそうです。
河原町で夜を過ごすのも便利になりそうです。
朝5時までの営業で、22時〜閉店までのフリータイム=2,000円だそうです。


京都・河原町に1人カラオケ専門店「イチカラ」−「ジャンカラ」初

「ジャンボカラオケ広場河原町店」の4階に、1人カラオケ専門店「イチカラ河原町店」(京都市中京区河原町通蛸薬師下る塩屋町、TEL 075-252-6466)が6月8日、オープンした。

 同チェーン初となる1人カラオケ専門店。同店では、1人での来店は数年前まで、全体の1割程度だった。しかし、ここ2年ほどで2割を占めるようになったという。特に女性客が多いため、「1人で来店しても安心安全にカラオケを楽しめる店を作りたい」と導入を決めた。全32室で、女性専用エリアの13室やパウダールームを設ける。

 1人でも気兼ねなく入店できるよう、専用受付を設ける。ブースの広さは約2.2平方メートル。内装はレコーティングスタジオをイメージし、ヘッドホンで自分の声を聴くシステム。手本のメロディーラインと歌唱中の歌声の比較がリアルタイムに見られる機種「JOYSOUND CROSSO」を導入。部屋の扉を開けると、音響が停止するシステムを採用し、災害時の安全も確保しているという。

(中略)

 オープン後、昼から夕方にかけて満室の日がが続いているという。同社営業企画課の千村真士さんは「イチカラは、1人でカラオケを徹底的に楽しみたい、練習したいというお客さまにピッタリの空間。心ゆくまでカラオケを楽しんでいただけたら」と話す。
(後略)
烏丸経済新聞より)
posted by カミガタ at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域-京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

京都市の大将軍商店街が妖怪文化、世界へPR

これもまた地域活性化の取り組みの一つ。
こういう例もあるという事を紹介しておきます

妖怪関連グッズです
 

(京都新聞より)
京の妖怪文化、世界へPR ロシアで遺産都市機構会議

妖怪を使った活性化に取り組む京都市上京区の大将軍商店街振興組合のスタッフらが、19−23日にロシアで開かれる「世界遺産都市機構会議」で、妖怪をテーマにポスター発表する。イベント開催などで妖怪の文化が現代にも継承されていることを商店街の活動を例に紹介する内容で、「妖怪は昔の世界観や価値観を現代に伝える文化遺産。それを受け継いでいる京都をアピールしたい」と意気込んでいる。
 ポスターは、元京都嵯峨芸術大生で同組合ボランティアスタッフの河野隼也さん(25)=伏見区、同会前理事長の松本幸秀さん(48)=上京区、同大学准教授時に河野さんを指導し、文化遺産の管理や活用を研究する北海道大観光学高等研究センターの山村高淑准教授(36)の3人が作った。
 幼少から妖怪ファンの河野さんは在学時、妖怪を使った各地のまちづくりを研究した。平安時代に人間に捨てられた道具類が妖怪となって一条通沿いを行進したとの「付喪神(つくもがみ)」の伝説を基に活性化を図っていた同商店街で、2005年秋から、「百鬼夜行行列」などの企画や衣装デザインをしている。
 世界遺産都市機構は世界遺産がある約250の都市や地域が加盟。2年に1回会議を開き、研究者や加盟都市の首長らが世界遺産の保護の課題などについて発表、議論する。9回目の今回はロシアのカザン市で開催される。書類審査を経て、ポスター発表には76組が参加し、河野さんらはアジアで4組のうちの一組になった。
 発表はポスター(縦120センチ、横84センチ)を会場に張り、現地に赴く河野さんと山村准教授が質問に答える。ポスターには、江戸時代の絵巻や文献に描かれた「百鬼夜行」「目ひとつ坊」などの絵と、絵を基に制作した仮装の衣装などを掲載している。まちおこしを通し妖怪が現代にどう取り上げられているかを紹介し、文化的価値を訴える。河野さんは「外国人の反応が楽しみ。討論をたくさんしたい」と張り切っている。
posted by カミガタ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内地域-京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。