2011年08月15日

敵機見つける防空監視哨、今もビル屋上に 北九州中心街

終戦記念日にふさわしいネタを。
まだまだいろんな所に、戦時中の跡が残っているんですね。
探せばまだまだ見つかるかも知れません。
ワシントンビルは、小倉駅から徒歩3分です。


(朝日新聞より)
商業ビルが立ち並ぶ北九州市の中心街のビルの屋上に、戦争遺構が残っていることがわかった。戦時中、敵機を発見するため高い場所に設置された「防空監視哨(しょう)」の跡だ。戦後66年の今も当時の面影をとどめ、街を見下ろしている。

 北九州市小倉北区魚町3丁目にある7階建てのテナント「ワシントンビル」。いまは薬屋などが入るこのビルの屋上にコンクリート造りの建物がある。一辺2メートルほどの立方体。側面には縦30センチ、横90センチほどののぞき穴があり、小倉城や駅周辺の商店街が一望できる。

 九州産業考古学会の砂場一明事務局長らによると、この建物が防空監視哨。戦時中、空襲に飛来する米軍機をいち早く発見するため、監視要員がのぞき穴から目をこらしていたという。
posted by カミガタ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

ブログ上で「辞めてもらいたい議員」アンケートを取ったら、自身が不信任になった阿久根市長

個人的には公人である市長がブログの場で「最も辞めてもらいたい議員は?」なんて書くのは、おかしいと思いますけどね。

もしかしたら、自分の方針に反発する議員をわざと辞めさせたい(改選で落選させる)ため、この手を使ったのかも知れませんが。

まぁ、解散という手を使いましたが、自分が辞めることになる、というオチになりそうですね。

これは阿久根市とは直接関係ありませんが、足の健康科学の権威「阿久根英昭 教授」が開発した阿久根マジックスリッパです。
 


(時事通信より)
阿久根市長不信任可決、議会解散へ=ブログに「辞めてもらいたい議員」−鹿児島

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(49)が自身のブログ上で「最も辞めてもらいたい議員は?」と題するアンケートを実施するなどした問題で、同市議会は6日の臨時議会本会議で、同市長に対する不信任決議を全会一致で可決した。これを受け、同市長は10日にも議会を解散する見通し。改選後の新議会で再び不信任案が可決された場合には、市長は自動的に失職する。
posted by カミガタ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

JR九州・西日本、鹿児島中央‐新大阪乗り入れ 新型車両を共同開発

おそらくオールM(すべての車両にモーターを積む)構成になりそうですね。「N700系」は14M2Tで16両中2両がモーターのない車両ですが、勾配の多い九州新幹線では、全部にモーターがないと坂を克服できないでしょう。
JR九州は、800系つばめのデザインが良かっただけに共同開発でそれが損なわれないようになれば、と思います。
JR東海とJR西日本の新幹線における関係を見ていると、心配ですからね。

JR九州・西日本 鹿児島中央‐新大阪乗り入れ 新型車両を共同開発 来年度試作
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070525-00000018-nnp-soci

(西日本新聞より)
JR九州は24日、2011年春の九州新幹線全線開通に合わせて実施する予定の山陽新幹線との相互乗り入れで、新型車両をJR西日本と共同開発することを明らかにした。08年度に「N700系」をベースにした試作車をつくり、走行試験を実施。これを踏まえ、09年度中に量産車をメーカーに発注する。

 東海道・山陽新幹線では7月から、最新の「N700系」が営業運転を始める。相互乗り入れでは、新大阪‐鹿児島中央間を8両編成で運行する計画で、16両が前提の「N700系」をそのまま使うのが技術的に難しい上、こう配が厳しい九州新幹線に合わせ動力を高めるためにモーター設置が必要となる。

 このため、現在両社で仕様について協議中だ。九州新幹線「つばめ」は「700系」をベースに設計されたが、相互乗り入れ車両も最新の「N700系」をベースにする。JR九州は全線開通までに新車両を100両ほど導入する予定で、開通前の試運転などを考慮すると、09年度中の量産車発注が必要となってくる。

 また、九州新幹線と山陽新幹線では、どの地点を何キロで走行しているかなどを把握する運行システムに違いがありシステム改良でも協議を進めている。試作車試験に合わせ、改良に一定のめどを付ける考えだ。ほかの課題では、台風など緊急時の対応として、予備車両の増車や配置基地の確保がある。1時間に何本乗り入れするかも注目されており、JR九州は「1時間に1、2本になる」との見通しを示している。
posted by カミガタ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。