2012年07月11日

ディズニーの「シンデレラ」がデジタル・リマスターでBD化。中川翔子吹き替えの特典映像も

あのディズニーの「シンデレラ」がいよいよデジタル・リマスターでブルーレイディスク化です。
今回の「シンデレラ」には、幾つか特典映像も収録されており、その中には「しょこたん」こと、中川翔子が吹き替えを担当した作品も。
「シンデレラ 3-Movie Collection」は、OVAの「続編」を収録したもので、特に欲しいということでなければ、「シンデレラ ダイヤモンド・コレクション」でいいと思います。
でも、東京ディズニーリゾートに何度も行くようなディズニーファンなら、「どちらも買っちゃおうかな」と思う人もいるのではないかな〜。




ディズニー、'50年公開の「シンデレラ」をBlu-ray化
−デジタル・リマスターで高画質。続編OVAセットも
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、ディズニーアニメ「シンデレラ」を、10月24日にBlu-ray化する。タイトルは「シンデレラ ダイヤモンド・コレクション」。BD+DVDのセットで、価格は3,990円。また、「シンデレラ」シリーズ3作品のBDをセットにした「シンデレラ 3-Movie Collection」も、同日に6,090円で発売する。

 1950年に米国で初公開され、アカデミー賞主題歌賞にノミネートされた「ビビディ・バビディ・ブー」を始めとする陽気なメロディーや、ファンタジックなストーリーが話題に。日本では1953年に公開され、ディズニー・アニメでは最多という6回の劇場公開を重ねている。

ダイヤモンド・コレクションは、過去の名作をデジタル・リマスターにより高画質・高音質でBD化すると共に、豊富な特典を収録したもの。

 BD本編ディスクには、ディズニー・セカンド・スクリーンや、「シンデレラの世界」、「本物の妖精」、「オコナー婦人を讃えて」、「夢は広がる ファンタジーランド in カリフォルニア現地レポート」、「夢をかなえる魔法の靴」、「もうひとつのオープニング」、「短編アニメーション ラプンツェルのウェディング」といった初収録の特典映像を収録。

 「短編アニメーション ラプンツェルのウェディング」は、「塔の上のラプンツェル」のその後を描いた日本初公開の短編アニメで、中川翔子の日本語吹き替え音声も収録している。

 その他にも、シンデレラの未公開シーンや、音楽の紹介、メイキング、予告編など多数の特典映像を収めている。

 なお、ダイヤモンド・コレクションの今後の予定として、「ピーター・パン」が2013年春に発売予定。
(AV Watchより)


posted by カミガタ at 23:17 | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

京都の観光地に3時間無料のWifiスポットを京都市が提供

海外からも多くの観光客が集まる街京都。
見に行ける場所が多いだけに情報収集がカギになります。

そんな時、観光地とかターミナルとかにインターネットにモバイルでアクセスできる環境があれば嬉しいでしょうね。

京都市は630カ所と全国の政令市自治体で一番の無線LANアクセスポイントを整備するので、網の目のようになります。

個人的にはこれを位置情報に応用できれば、GPSのないタブレットでも、今の位置がわかるようになって、迷わず済むようになったり、次にどこに行くか目星をつけられます。

3時間制限も人が集まる京都のトラフィックを考えると、良いと思います。

もっと数は増えて欲しいし、他の自治体も追随して欲しいです。


京都市が観光客向け無料無線LAN 630カ所整備

京都市は4日、市内の観光地などで無料の無線LANスポット「KYOTO_WiFi」を630カ所整備すると発表した。バス停や地下鉄の駅、コンビニエンスストアなどに順次接続スポットを設置し、国内外の観光客が京都情報を得やすい環境を整える。市によると福岡市などでも同様の接続スポットを設けているが、無料のスポットを100カ所以上整備するのは、政令市では全国初という。

 スマートフォンなどの普及に伴い、交通機関や観光地の情報をインターネットから得る観光客は年々増加。ただ、海外からの観光客にとっては通信料が高額になりやすく、23年度に市が行った調査では、外国人観光客の67%が、無料で利用できる無線LANスポットの設置を希望していたという。

 福岡市や広島市でも約30〜40カ所、同様のスポットを設けているが、京都市の整備計画は、これを大きく上回る規模。今年度末までにまず500カ所を整備する。

 携帯端末などからメールを送って得られるパスワードで、誰でも3時間まで無料で使うことができ、災害時などは時間制限をなくすことも検討している。

 機器の設置や維持費用などは、公募に応じた通信事業社2社が負担。市は、接続スポットを紹介するマップや案内ステッカーの整備費などとして、238万円を24年度予算に計上した。
(産経新聞より)
posted by カミガタ at 14:57 | TrackBack(0) | 国内地域-京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドリテック、手もみ感覚を再現したヒーター付きマッサージクッション「リラタイム」

デザインもなかなかお洒落で、女性が使っても合うものだと思います。
冬に重宝しそうですね

マッサージクッション「リラタイム」



ドリテック、手もみ感覚を再現したヒーター付きマッサージクッション

ドリテックは、手もみ感覚が味わえるヒーター付き「マッサージクッション「リラタイム MP-200」を発売する。希望小売価格は8,400円。

 マッサージ機能を搭載したクッション。6つのもみ玉を内蔵し、それぞれにヒーターを搭載しているため、温かい手もみ感覚のマッサージが行なえる点が特徴。もみ玉は左右に3つずつ配置されており、腰、肩、首、足などを均等にもみほぐすという。もみ玉は1分間に約28回転し、1分間毎に正回転と逆回転が切り替わる。

もみ玉は左右に3つずつ内蔵されていて、1分間に約28回転し、1分間毎に正回転と逆回転が切り替わる

 操作はボタン1つで行ない、ヒーターのON/OFFも設定できる。また、マッサージ開始後20分経過すると自動的に電源が切れ、切り忘れを防止する。

 デザインは、インテリアにマッチするというリボン型。場所をとらずにイスやソファの上で使用できるため、ちょっとした時間などに体の疲れを癒せるという。

 本体サイズは430×260×110mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は約1.6kg。消費電力は30W以下。カバーは取り外して洗える。カラーはブラウン、ピンク。

(家電Watchより)
posted by カミガタ at 13:52 | TrackBack(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォト蔵に登録しました。

奈良の伯母子岳です。
031
031 posted by (C)kamigata0
posted by カミガタ at 03:11| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

レシピサイトのクックパッド、野菜の定期宅配サービスを始める

クックパッドにとっては、新しいサービスとはなりますが、レシピ集と融合するあたり、1500万人の会員を取り込み、かつ野菜宅配事業者とのコラボレーションで質の良い野菜の普及に取り組んでいる所、さすがですね。
さらにレシピが増えて、有料会員も増加するでしょうね。

クックパッドに関連する商品



クックパッド、野菜の定期宅配「やさい便」スタート

クックパッドは、料理レシピサービス「クックパッド」で7月9日から、野菜の定期宅配「やさい便」を始める。利用者は、届いた野菜を使ったレシピの人気順検索(通常は有料プレミアムサービス)を無料で利用できる。

 全国各地の野菜宅配事業者から、毎週または隔週、旬の野菜を届けるサービス。宅配野菜の「Oisix」や、北海道旭川市の農業生産法人「夢民村」など12店舗が出店し、価格は1回あたり1680円または2680円(税込・送料別、カード決済)。出店数は順次、拡大していく。

 同社は「全国の多様な野菜との出合いの機会を増やし、クックパッドの人気レシピを添えることで、食卓に並ぶ野菜の種類を増やす」としている。

 クックパッドの4月の月間利用者数は1521万人、レシピ数は120万品。
(ITMediaより)
posted by カミガタ at 05:32 | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

レシピサイト運営企業、クックパッドの営業利益率は50%!

国内最大のレシピサイト運営企業、クックパッド。
フリーランスライターで経済、政治を中心に執筆されている田中裕康さんが書かれたクックパッド高収益の「秘密」です。
クックパッドの営業利益率はトヨタの20倍、パナソニックの83倍! で「驚愕の高水準」とのこと。
見える化を追求した「つくれぼ」のように、確かなコンテンツで勝負できる企業は有料会員を獲得でき、強いですね。クックパッドは。
勉強になることが多いです。

クックパッドに関連する商品


なぜクックパッドの営業利益率は50%なのか
「限界利益率」
クックパッドは国内最大のレシピサイトを運営する企業だ。サイトの会員はレシピを投稿したり、掲載されたレシピを検索、閲覧することができる。月の利用者数は約1500万人。そのうち、レシピを人気順に表示できる有料会員(月額294円)は5%ほど。近年、急成長を遂げているが、特筆すべきはその高い利益率だ。
 2011年4月期の売上高営業利益率は49.8%。12年4月期は46.8%(売上高は前期比22.6%増の40億円)とやや下がる見込みだが、上場企業の営業利益率の平均値は4〜5%であるから、それでも十分高い。
 なぜ、これほど高利益率なのか。3つの要因が考えられる。

 1つ目は、「限界利益率の高さ」だ。限界利益とは、売上高から原材料費などの変動費を引いたもの。いちよし経済研究所の納博司主席研究員は解説する。
「同社のサービスの中心はウェブサイトの運営なので、基本的に仕入れが発生しません。よって変動費はほぼゼロといえるでしょう」
 納氏によると、ネット関連企業の場合、アマゾン・ドット・コムのように仕入れが必要なeコマース企業を除き、限界利益率は100%近くになることが多いという。
「クックパッドは、クレジットカード会社や携帯電話会社を通じて有料会員から代金を回収しています。そこへの手数料が5%ほど。限界利益率は、手数料をのぞいた95%程度だと考えられます」

販促費をかけず「口コミ」で会員増

 2つ目の要因は「会員事業の高収益性」。同社の事業は、有料会員から料金を徴収する「会員事業」、食品会社と共同してサイト上でレシピコンテストなどを行う「マーケティング支援事業」、バナー広告などを販売する「広告事業」の3つに分けられる。そのうち会員事業が売り上げ全体に占める割合は約60%。これがドル箱であると納氏は指摘する。
「固定費として人件費、システム関連費などが発生しますが、これらは会員数に比例して増えるわけではありません。サーバー性能の向上など、技術の進展により、同じ処理を行ったときにかかるシステム費は年々下がっています。つまり、会員数が増えて売り上げが伸びるほど、固定費の割合は減り、利益率が押し上げられるのです」
 納氏の試算によると、会員事業の営業利益率は実に88%にも上る。費用は、前述の変動費が5%、固定費が7%程度という内訳だ。しかも、さらなる有料会員数の伸びが期待できるという。
「スマートフォンが普及すれば、PCを使わないユーザーをよりとりこみやすくなります。利用者数3000万人、そのうち10%の300万人くらいまでは有料会員を増やす余地があると思います」

 3つ目の要因として、「低いプロモーション費用」が挙げられる。クックパッド経営管理部の丸山祐子氏はこう説明する。
「当社はこれまで、テレビCMやアフィリエイトをほとんど実施したことがありません。背景にはサービスを充実させることが先決だという考えがあります」
 クックパッドの人気サービスのひとつに「つくれぽ」がある。投稿されたレシピを見て料理をつくった会員が、その結果を写真とともに投稿できる機能で、投稿せずに「つくれぽ」を閲覧することも可能だ。会員は投稿されたレシピが本当においしくつくれるのか、難易度はどれくらいかなどといった情報を事前に確かめられる。
「会員の退会率は3%程度と非常に低い水準です。使いやすいサービスを追求してきた結果、口コミによって会員数を伸ばすことができたと考えています」(丸山氏)

 クックパッドは昨年、国内企業で唯一、米フェイスブックのパートナーサイトに選ばれた。今後は国内だけでなく海外展開を視野に入れ、「5年以内に海外で国内を上回る売り上げを目指す」と強気の目標を掲げている。
(プレジデントより)
posted by カミガタ at 23:44 | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

「rajiko」定着のための新会社設立。朝日放送も出資

ラジオとインターネットは相性がいいと言われています
(ブラウジングとラジオを聴く両方やるからかな)
これからはWi-fiのスポットがどんどん増えて、スマートフォンも当たり前になって、インターネットラジオの存在も増していくでしょうから、会社が軌道に乗って、全国で色んなラジオが聞けるようになってほしいですね。
ラジオは独自の番組作りをしているので、DJの才能、個性が問われるのでたとえ全国解禁になっても東京一極集中にはならないと思うのです。
沖縄の放送が東京や大阪で聞きたい、という人もいるでしょうしね。
その為には法の制約もありますが。

「radiko.jp」安定運用に向けて新会社設立、NTTスマートコネクトら3社で
NTTスマートコネクト株式会社、株式会社radiko、朝日放送株式会社の3社は28日、IPサイマルラジオ配信サービス「radiko.jp」の安定運用および品質向上を目的に、新会社「株式会社メディアプラットフォームラボ」を共同設立すると発表した。7月2日発足予定。

 新会社の本社所在地は大阪市。資本金は5000万円(資本準備金2500万円含む)で、出資比率はNTTスマートコネクトが51%、radikoが34%、朝日放送が15%。

 3社は新会社設立発表のプレスリリースの中で、スマートフォンをはじめとした高性能端末やブロードバンドの普及により、人々のライフスタイルが変化していると指摘。radiko.jpについても、参加放送局の拡大や東日本大震災発生に伴う生活者意識の変化によって利用者が急増しているとし、従来以上に安定的かつ継続的にサービスを提供する必要があると説明している。

 新会社には、インターネットにおける大規模コンテンツ配信面で実績のあるNTTスマートコネクトのほか、radiko.jpの運営主体であるradikoと、radiko.jp発足初期から配信システムの設計や構築に取り組んできた朝日放送が参画する。

 新会社では、radiko.jp配信プラットフォームの一元的管理・運用に加え、関連する新規ビジネスの開発を行う。また、radiko.jp運用ノウハウの水平展開も計画している。
posted by カミガタ at 19:57 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西電力計画停電の輪番スケジュール確認が「分かりにくい」と苦情。10万件の問い合わせが。Webでの確認方法を調べてみた

数日前ダイレクトメールが来たが、グループ記号が書かれているだけで、いつ停電時間になるのかはホームページ見ろという仕組み。
だからDM来ても、いきなり混乱するよなぁ。

関電のホームページ見てみた。
(1) DM届いてなくても、一応
http://www.kepco.co.jp/kteiden/index.html
でグループの確認は可能。
(2)次に http://www.kepco.co.jp/kteiden/schedule/index.html でグループごとにボタンがあるので、押す
(3)するとカレンダー形式で日毎の計画停電時間(実施されれば)が分かる


インターネットにアクセス出来ない人はどうするんだろう。切り捨てか。電話つながりにくい事確実なのに。

一応電話受付番号
専用ダイヤルの電話番号(神戸新聞より)
0120・911・777
<受付時間>(月〜金)午前9時〜午後8時
      (土日祝)午前9時〜午後5時半


ネットがなければ、毎日電話掛けて調べてもらわないと行けないのかな。
前出カレンダーを紙でも郵送してもらえるとかあるのだろうか。

関西電力もコールセンターに無駄に掛けるコストとか、そこで応対する人のストレス考えたら、もったいない事分かるだろう。人件費も増えるし。クレーム対応が増え、1件あたりの対応時間も長くなる。

計画停電苦情相次ぐ 問い合わせ関電に10万件
関西電力が発表した計画停電への問い合わせが13日間で、10万件に迫る勢いだ。生活や経済に直結する問題だが、背景には停電の区域分けが細かい上、実施スケジュールが複雑で「分かりにくい」ことがあるようだ。神戸新聞社にも、各世帯に郵送したダイレクトメール(DM)の説明が不十分な点や、詳細な情報提供を自社のホームページに頼っている点などに批判が寄せられている。(足立 聡)

 関電によると、概要を発表した6月22日〜7月4日の問い合わせ件数は、9万9960件。

 「はがきを見ても意味が分からず弱った」。播磨の食品加工工場の社員はため息をつく。

 工場では野菜などの生鮮食品を扱い、計画停電になれば冷蔵庫が使えない。停電スケジュールの把握は急務だが、届いたDMの内容に失望した。

 はがきには「グループは6‐A」と印字され、裏面に「6グループ」の停電時間帯を記したカレンダーが載っていた。しかし「サブグループ」と記された「A」の意味が分からない。社員総掛かりで関電のホームページを調べて理解できた。「こんなに分かりにくいのに『ホームページで確認を』とは…。官公庁以上にお役所仕事」とあきれる。

 不満の声は、神戸新聞社が「ミントクラブ」の会員を対象にインターネットで実施した節電意識調査(6月29日〜7月1日、回答者数1333人)でも多く寄せられた。

 計画停電をどうとらえているかを尋ねる質問に「非常に理解しにくい」(60代女性)「完全に周知する方法を考えて」(60代男性)「インターネットで情報が取れる人間は限られている」(40代女性)などの批判が集まった。他の項目でも質問に「関電」とは触れていないのに関電への不信感を示す意見があり、批判は約260件に上った。

 関電の計画停電案は、昨年3月に計画停電に踏み切った東京電力の対応を教訓に練られた。同じグループ内でも停電にならない地域が続出したため、グループを細分化した。複雑な実施スケジュールは、2日連続で停電になる地域が出ないようにするため。いずれも「公平性」に配慮した結果だ。

 関電は「DMでは十分にお伝えできないことがあり、分かりにくいという問い合わせもある。丁寧にお答えするよう心掛けている」としている。
(神戸新聞より)
posted by カミガタ at 13:08 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士急ハイランド脱出成功確率は、「限りなく0%」!の新迷宮アトラクション

脱出成功確率は、「限りなく0%」とは本当に「絶望要塞」…。
また富士急ハイランド、面白いアトラクションを出してくれます。
オープンが楽しみです

脱出成功確率はほぼ0%! 富士急ハイランドに新迷宮アトラクション
富士急行は7月28日、富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)に新脱出迷宮アトラクション「絶望要塞」を開業する。

同アトラクションは、"迷宮"と化した巨大な要塞からの脱出を試みるミッションクリア型のウォークスルーアトラクション。脱出成功確率は、「限りなく0%に近い数字を目指している」(同社)。

ゲストは完全脱出を目指し、要塞内の無数のドアと廊下と部屋からなる迷宮や厳重なセキュリティ、限られた時間との戦いに挑む。要塞内はいくつものステージに分かれており、ステージが進むにつれてその難易度は増していくという。各ステージには「隠された手がかり」や「どこにあるか分からない扉」など様々な罠や仕掛けが散りばめられており、闇雲に進むだけではクリアできず、知恵や記憶力、体力、想像力、そして運を駆使した人だけが「脱出成功者」になれるとのこと。 なお、脱出成功者には景品を用意する予定。

延べ床総面積は約3,300平方メートルで、同園にある巨大お化け屋敷「最恐戦慄迷宮」をも上回るという。料金は800円(フリーパス利用可)。利用は小学生以上が対象で、小学生は中学生以上の大人の同伴が必要。所要時間は約30分〜。
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 11:31 | TrackBack(0) | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

早稲田大学の志願者数が減少中。その原因は?

やっぱり景気の低迷が大きいのでしょうね。
慶應義塾や明治、日大はどうなんでしょう。


年々減り続ける早大志願者数 その理由は受験生の「地元志向」

多くの高校生にとって、将来を左右する一大イベントとなる大学入試。大学全入時代を迎えた今、受験生は何を考え、何を基準に大学を選んでいるのだろう。

 近年の入試トレンドと、来春入試の展望を予備校御三家の、代々木ゼミナール入試情報センター統括本部長・坂口幸世、駿台予備学校情報センター長・石原賢一、河合塾教育情報部長・近藤治の各氏に聞いた。3氏の分析から浮かび上がった、近年の大学受験を読み解くキーワードは理系学部の人気が高く、文系学部の人気が低い「理高文低」と、もう一つは「地元志向」だった。

 その「地元志向」のあおりを受けている代表校が、全国から学生を集める早稲田大だ。早大の一般入試の志願者数の推移をみると、志願者数は過去5年間で約1万人弱減少しており、その内訳をみると、減った分の大半が関東以外のエリアからの志願者だ(代ゼミ調べ)。「受験生が慎重になり、早稲田を記念受験する層も減っている」(近藤氏)という事情も相まって、減少に歯止めがかからない。

 受験生が地元志向化する背景について、3氏はそれぞれこう分析する。

「遠くの大学に行くお金がないというより、その先の就職を考えたとき、コストをかけた分を回収できるか、パフォーマンスが見合うかを考えた結果ではないか」(坂口氏)

「地方から首都圏の大学に出てくるのは次男、三男、長女、次女が主流だったが、少子化でその流れが止まった」(石原氏)

「一人っ子は親のそばにいたいという気持ちも強い。本当は首都圏の大学に行きたいと思っている受験生も、親に気を使って地元に進学する子が多い」(近藤氏)
(週刊朝日より)
posted by カミガタ at 23:47 | TrackBack(0) | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。